アメリカン・アイドル出身 メリンダのインタビュー
e0108198_813238.jpg今週は、火曜日の夕方から、金曜日の午前中まで、夫が家で仕事をしていました。夫が家にいることに、ストレスは感じませんが、好きな時に好きなことができなかったり、お昼ご飯を食べすぎたり、いつもと勝手が違う数日でした。でも犬たちは大喜びで、夫が家にいるだけでウキウキしているように見えました。
e0108198_82037.jpg
e0108198_823813.jpg

e0108198_83114.jpg調子が狂ったせいか、火曜日のアメリカン・アイドル放送後、私が応援している人には、しっかりファンが付いているから大丈夫と油断し、電話投票をすることを忘れてしまいました。水曜日の放送を見て愕然としたので、来週からはしっかり投票します。

今週のお題はジャズで、二年前、メリンダ・ドゥーリトルが素晴らしい表現力を見せ付けた「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を歌った人がいました。やはりメリンダの歌唱力は桁違い、と改めて思わされました。

e0108198_833760.jpg偶然、先週放送されたアメリカン・アイドル出身の歌手へのインタビュー番組が、Tivo に勝手に録画されていて、久しぶりにメリンダの姿が見られました。ゴスペル音楽専門チャンネルの番組で、アメリカン・アイドルのファイナリストには、キリスト教信者が多く(ゲイを公表したクレイ・エイケンは無視されてました)、音楽とキリスト教の関わりについて、話を聞くというものでした。

e0108198_841584.jpgメリンダは幼い頃からキリスト教信者で、音楽が大好きでしたが、驚いたことに、中学一年生までオンチだったそうです。それでも聖歌隊に入りたくてオーディションを受けたら、「あなたにはカリスマ性があるけれど歌はだめなので、前列中央で口パクしていなさい。」と言われ、とりあえず合格したそうです。それでも歌は好きなので、練習を重ね、なんとか歌えるようになったものの、お世辞にも上手とは言えないレベルで、再度オーディションを受けたそうです。その舞台で、突然、今まで出したことのない声が出て、拍手喝采されました。その時、イエス・キリストが力を与えてくれたのだと、彼女は言っています。

この番組では他にもシーズン5のマンディーサ、シーズン6のクリス、フィル(宇宙人)が出ていましたが、最後に登場したのは、今シーズンのダニーの義妹で、ダニーと彼の亡き妻について、涙ながらに語っていました。ダニーも教会で歌っている人で、番組が一押ししているせいか、優勝候補の一人としてマスコミに大きく取り上げられています。アメリカン・アイドルは、保守派の視聴者に支えられていると聞いていましたが、妙に納得してしまいました。ミーハー層代表の私は、来週こそ投票を忘れずにしたいです。

e0108198_845082.jpgおまけ: 今週、どうしたことか、まぐれで「脳年齢21才」の記録を出してしまい、このトレーニングの信憑性まで疑い始めました。それでも嬉しいので、このまま放置しました。でも毎日トレーニングしないと意味が無いそうなので、再開しましたが、これ以上の成績は無理そうなので、記念に一枚撮っておきました。
[PR]
by LA-kat | 2009-05-01 16:20 | テレビ・映画
<< 東芝のネットブック Wii Fit 始めました >>