物を捨てられない性格 再び
e0108198_9154464.jpgケリーの後ろのローズマリーの花がたくさん咲いていて、今朝は多くのミツバチが忙しそうに働いています。まだココはミツバチをパクッと食べてしまうようなしぐさを見せ、私を焦らせています。
e0108198_9162233.jpg
e0108198_9164839.jpg
e0108198_9171967.jpg

e0108198_9175737.jpg今朝も八月とは思えない涼しさです。日向にいても風が吹けば寒いと感じ、日陰には居たくないです。こんな日は衣類の整理、物を溜め込んであるクローゼットの中をなんとかしようと一念発起しました。しかしずっと着ていない冬物のセーターにラスティの長毛を発見(まだあった!)、メソメソしている内にやる気が失せました。

e0108198_9184911.jpgそれでもクリーニング屋さんのワイヤーハンガーをリサイクルするため一つにまとめました。週末、クリーニング店に持って行きます。この針金ハンガーに付いている紙のデザインは、もう何十年も変わっていないのではないかと思うほどレトロ風です。三種類のハンガーに共通するのはバラのモチーフです。

物を捨てられないことをなんとかしたいと思いつつ、取っておいて良かったと思うことが多々あります。普通、三年使わない物は処分とかなんとか言ってますが、私の場合、四年目に必要になることが多く、十年持っているなんてことはざらです。

e0108198_9195883.jpgこの日本製のコースターだか何だかよくわからない物が、いつも台所の引き出しに入りっぱなしになっていましたが、先日、やっと出番がありました。前の前の家に住んでいた頃に、近所のモールの Pottery Barn で買ったものです。
e0108198_9203330.jpg庭の新しいサイドテーブルのガラス板の下に敷く物として日の目を見ました。あまりに表面がツルツルのため、ガラス板が吸い付くように張り付いてしまうので、何か入れなくてはと探していました。この wood leaves と呼ばれるシロモノを、私の考えでは真ん中に一枚のはずだったのですが、夫が面白がって三枚並べました。役に立ってよかったと思いつつ、こういうことがあるから何でも取っておこうと決心してしまい、複雑な気分です。
[PR]
by LA-kat | 2010-08-05 17:25 | 日常生活 | Comments(2)
Commented by borders at 2010-08-09 21:36 x
こんばんは。
這うタイプのローズマリー、初めて見ました。そのお花も。
日本だとなかなか手に入らないし、見ない気がします。
針金ハンガーは、日本と同じかたちですね!
そちらではポリ袋で覆われて戻ってこないのでしょうか。。。
レトロなハンガーのカバー、可愛いです♪
紙のコースターは、水分を吸収してくれるのでこの時期は大活躍中です。
素敵なコースターに新しい使い道ができて、一石二鳥ですね!
Commented by LA-kat at 2010-08-10 06:44
borders さん、こんにちは♪
このローズマリー、お料理用に売っているものと比べ、
葉がふっくらとしています。香りは変わりませんが、
虫が家に入ってこないように近辺に薬を撒いているので
料理には使えないんですよ。蜜はミツバチの大好物の
ようです。

針金ハンガーは、私の知っている日本のハンガーより
細い針金でできていると思います。スカートなど
ハンガーに掛けられないものは、クリップで紙の部分に
止められてきます。初めて見たときは軽いカルチャー
ショックでした。戻ってくるときは、薄い透明ポリ袋が
かぶさってます。

あ、やっぱりこれはコースターなんですね。
よくわからないで買ってしまったので、正直、
何に使う物かわかりませんでした。助かりました♪
<< 超簡単、アジアン・コールスロー なかなか使える、扇形のサービン... >>