ココとのバトル
e0108198_4214667.jpgイベントが続いた九月ももう終わりです。今月はまだ真夏のような日が続き、秋の気配を感じる夕方までエアコンを入れています。暑すぎて山には食料があまりないのか、シカの一家もよく来ていました。

リスも最近は平気で芝生の上を走るようになり、ケリーとココを怒らせています。二匹で毎朝、飽きもせずにリスの観察をしています。食事の支度ができたと呼んでも、なかなか家に入ってきません。
e0108198_4234437.jpg
e0108198_4233183.jpg

e0108198_4224331.jpg最近のココは、私が与える食べ物全体に不信感を抱いている様子です。このようなことになったのは、ココの口に合わない噛み砕いて飲むタイプの薬を与えるようになってからです。あまりの美味しさに薬のおかわりを要求するワンちゃんもいるというのに、ココは食事に混ぜてもしっかり残します。薬は一日一回なので、夕食にのみ入れるのですが、朝食にも入っているのではないかと疑ってかかってきます。

e0108198_4302649.jpg丸呑みさせようにも大きすぎるので、動物病院でもらったピルカッターを使って四つに切っても、決して食べません。ちなみにこのカッター以前は、包丁とまな板を使っていましたが、これを使う方が安全で確実です。一つ持っていると便利な道具です。

e0108198_4305057.jpg薬の切り口が鋭いので、四つに切ったものを丸呑みさせるには、塩分が気になりますがすべりをよくするために、チーズやピーナッツバターを使ってみました。しかしどれもうまくいきません。おまけに何も入れていないチーズを与えても、食べようとしなくなってしまいました。反対に、ケリーは薬が包まれていようがいまいが、チーズは必ず丸呑みします。

e0108198_4311972.jpg先週から導入した、ローストビーフです。近所のデリカテッセンで薄切りにしてもらい、1/4ポンドだけ買ってきます。これに包んでもココは薬だけ出してしまうので、四つに切った薬をローストビーフに包み、のどの奥に押し込んで飲ませます。これを四回するので私は汗だく、ココは必死で抵抗、ケリーは略奪を試みるという修羅場となります。

e0108198_423769.jpg薬を飲ませ終えた後は、二匹に少量のローストビーフを与えて満足させます。犬たちの夕飯の時間がくると憂鬱になります。チュアブル錠は犬のストレスを軽減させるはずのものなのに、ココも私も苦痛をしいられています。毎晩こんなことをしていますが、この薬はあと三週間続きます。

e0108198_8403511.jpgおまけ: 一週間前の21日に毛利さんも搭乗したエンデバーがロサンゼルスに帰ってきました。カリフォルニア州の各地から目撃情報が寄せられました。いつも利用するペットホテルの人が屋上から撮影した写真です。来月にはエンデバーを乗せた輸送車が一般道を走って博物館まで移動します。

[PR]
by LA-kat | 2012-09-28 16:45 | コッカーの持ち物 | Comments(0)
<< まだまだ続くお薬生活 エデンズ・ガーデンのアロマオイル >>