陶器のワイングラス
e0108198_9171977.jpg雨上がりの朝です。日曜日にシャンプーカットをしてもらったばかりのココは、少し若返ったようです。下の写真は週末の夜に撮ったものですが、珍しく二匹で一つのクッションに収まって寝ていました。いつもならケリーが嫌がって場所を変えるところですが、仲良くしていました。最近のケリーは丸くなったようです。

e0108198_9181224.jpg

e0108198_9191733.jpgケリーの態度が変わったのは私に対しても同じで、よく甘えてくるようになりました。家中、私の後を付いてきたがります。夫はスパイシーなケリーがすっかりマイルドになってしまったので、何かあるのではないかと心配するほどです。

e0108198_9203735.jpgケリーと一緒に写っているのは、昨日受け取ってきた陶器の木箱です。この秋にヴェニスのギャラリーで個展を開いた日本人陶芸家の作品です。去年、日本語放送の番組で知った若手作家の作品にテレビ越しに一目惚れし、いつか本物を見てみたいと思っていました。

e0108198_9214641.jpg釉薬の使い方に特徴のある作品で、金属のような質感がテレビで見たのと同じ!と感激しました。もう見たら次には欲しくなってしまい、ギャラリーの人に聞いてみたところ、買うことができました。但し、箱は日本から取り寄せで、二ヶ月待ちました。いつでも眺めていたいので、居間の棚に飾っていますが、大変好評です。これがセラミック?と驚かれることが多いです。作家の方はこれでワインを飲んで欲しいとおっしゃっていますが、恐れ多くてもったいなくて、まだ液体は入れられません。


e0108198_9224178.jpgおまけ: 京都のお土産です。「ぎをん さかい」のチョコレート「アールショコラ」です。箱も素敵ですが、三種類のソースが入ったベルギー産のチョコレートも大変美味しいです。普段はチョコレートを食べない夫が、毎晩デザート代りに一枚食べています。

e0108198_9232795.jpg
上から:

柚子ソース入りビターショコラ、
日向夏ソース入りミルクショコラ、
黒糖蜜ソース入り抹茶ショコラ

[PR]
by LA-kat | 2012-12-13 16:25 | | Comments(0)
<< オリーブ農園生まれのハンドクリーム クリスマスの準備開始 >>