置き場に悩むダイニングテーブル
先々週に砂利を敷いたステップにてポーズを決めるケリー。ここにボールを転がすと勢いよく下まで落ちていくので、ケリーは面白がって落としていましたが、もうあまり転がりません。以前の写真と比べると、だいぶ砂利が深くなっているのが分かります。お陰で私は足を取られそうになる始末です。
e0108198_7455620.jpg
新しい家の為のインテリア・デザイナー探しを始めました。夫の意見では私達はセンスが無さ過ぎるので、インテリア・コーディネートは専門家にお願いすべきだそうで、いわゆるセンスのよいプロフェッショナルな人を見つけるのが今週の私の課題です。いろいろ探していますが、ロサンゼルスには自称インテリア・デザイナー(兼・脚本家とか)が多すぎて見当がつきません。

e0108198_7461852.jpgいくらプロに頼むといっても、私にも譲れない点がいくつかあります。絶対にこれだけは外せないのが、夫共々、店頭で一目ぼれして買ったダイニングテーブルです。店舗の入り口にテーブルだけがあり、中央には見事なフラワーアレンジメントがありました。大理石の模様が綺麗でうっとり眺めていたら、店員さんに、これはダイニングテーブルとしても使えると言われ、同じシリーズの椅子ではなく、私の好みの椅子を選び、ダイニングセットとして揃えました。

e0108198_7465936.jpg夫は今でも朝、このテーブルを眺めるだけで元気が出ると言います。しかし、引越し先のダイニングルームには円卓が合わず、残念なことにこのテーブルは使えそうにありません。キッチンのカジュアルダイニングに置くには大きすぎるし(直径約167cm)、かと言ってトランクルームには入れたくないし、とりあえず玄関ホールに置いてみようかと無謀なことを考えています。このテーブルが家に来た時、六人がかりで運んでもらいました。テーブルのトップの重量が約109kg、土台が97kgあります。引越しの時には、一度置いたら気軽に模様替えは出来そうも無いので、一発勝負になりそうです。

[PR]
by la-kat | 2007-06-25 16:33 | | Comments(0)
<< ボン・ジョヴィの新しいアルバム ジャカランタの咲く散歩道 >>