ベネチアングラスの器
e0108198_8564880.jpg7月だというのに、今朝のLAは涼しく、朝の散歩にはちょっと厚めの長袖のシャツを着て出かけました。ケリーも調子が良いようで、散歩から帰って足を洗った後、まだ動き足りないのか、家中を駆け回って夫を驚かせていました。

昼にテレビのニュースを付けると、全米中が真夏日で、アンカレッジを除いて、ロサンゼルスが全米で一番気温の低い都市となっていました。気温を表す地図の上ではサンフランシスコも東海岸も真っ赤です。

メルローズ・アベニューにある家具屋さんにシーツを買いに行ったつもりが、店頭に小物として飾ってあったベネチアングラスに惹かれ、e0108198_8584133.jpgシーツ以外にもいろいろ買ってきました。自分の中ではベネチアングラスといえば、鮮やかな赤やキンキラキンというイメージでしたが、そのお店で取り扱っていたものは淡い色や落ち着いた色のものばかりでした。つい手にとったのは深みのある色、べっこう飴のような色のものです。

e0108198_8592241.jpg子供の頃、八幡宮に行くと欲しいと思ったのは綿飴よりもべっこう飴、飛行機の機内サービスのキャンディーのかごの中で一際輝いて見えたのもべっこう飴でした。自分はべっこう飴色が好きなのだと再確認し、ナッツを入れてコーヒーテーブルに置くのに丁度良い大きさだったので、シーツを選ぶ前にこれを買うことを決定しました。他にも果物を飾るための皿と花瓶もあったので、べっこう飴シリーズとして揃えることにしました。手提げ袋二つに分けて帰ってきましたが、夫曰く、行ったことないけどベネチアまで飛んで買って持ち帰ることを考えれば、ものすごく楽な買い物でした。
[PR]
by la-kat | 2007-07-08 17:15 |
<< ときどき食べたくなる干菓子 デリカテッセンのサンドイッチ >>