キャンプファイヤーのその後
九月なのに真夏です。残暑のレベルではなく猛暑です。昨日のバレー方面では気温が華氏で三桁、摂氏41度まで上がったそうです。うちの方はわりと涼しいと言っても、やはり摂氏30度を超えました。

e0108198_8532711.jpg
家の中ではクーラーをつけるようになり、快適さを知ってしまったケリーは、外に出ても日陰でじっとするか、すぐに家の中に入りたがります。ボールを投げても追いかけて行こうともしません。写真を撮り終えると、一目散に家の中に駆け込んで行きました。

唐突ですが、各方面に衝撃を与え、ご心配をおかけしました乾燥機キャンプファイヤー事件の経過報告です。引越しの四日前にガス衣類乾燥機からガスの臭いがしたので、用心して修理の人を呼びました。洗濯コーナーはガレージの中にあるのでガスの臭いがしてもおかしくないのですが、心配になり翌日来てもらうことにしました。

修理の人が乾燥機の下の方のパネルを開けて、スイッチを入れると、中ではキャンプファイヤーのようなオレンジの炎が燃えていました。キレイな炎だわ、とぼんやり見とれてしまいましたが、ガスの臭いは不完全燃焼によるもので、このまま使っていたら大変なことになっていたそうです。結局、修理費と部品代の方が新品を買うよりも高くつくことになり、省エネ設計の最近の商品を買ったほうがよいと判断し、この乾燥機を破棄することにしました。

e0108198_8542214.jpgで、その日のうちに家電量販店に買いに行き、先週届けられたのがこれです。久しぶりに家電を見てきましたが、デザインが日本の物に近いステキな物もあるけれど、まだまだ敵いません。

どれにしようか迷っているうちに、七年ぶりにランドリールームのある家に住むことになったので、お揃いの洗濯機も買うことにしました。ちょっと見ただけではどちらがどちらなのか区別が付きません。大抵、左に洗濯機、右に乾燥機が配置されているのでなんとかわかります。デジタル表示も私の目には斬新に映ります。一番下の冷蔵庫の野菜室みたいな引き出し部分は洗濯物の出し入れの時に屈まなくてすむための、上げ底の機能を持つ収納スペースで、洗剤や柔軟剤などを入れておくのに便利です。メーカーのホームページによると、洗濯かごを乗せるのにもナイスな高さだそうです。ちなみに奥に映っている洗濯かごは、夫の婿入り道具の一つで、軽いのにたくさん入るので大変重宝しています。
[PR]
by LA-kat | 2007-09-03 17:07 |
<< Back to the Fut... ケリーのおともだち、プールお嬢ちゃん >>