復活!和室コーナー
e0108198_11263634.jpg昨日まで、玄関に入ってすぐの階段の脇がクローゼット作成工事のための材料置き場になっていましたが、工事も終盤に差し掛かり、ようやく物が片付きすっきりしました。早速ケリーはこのスペースでもボール遊びをしようと、テニスボールをくわえてきました。ここはボールがよく跳ねるので、ケリーの得意なジャンプ&キャッチに最適な場所です。私がボールを手に取りながら写真を撮っていると、早く投げてと言わんばかりに覗き込んできます。

e0108198_1127459.jpg今まで住んだ三件の家それぞれに馴染んでいた和室コーナー、通称タタミルームですが、夫が今度の家には雰囲気が合わないので、無くてもいいんじゃないかと言い出しました。私がどれだけ苦労してこの和室セットを日本から持ってきたのか覚えてない様子です。冗談じゃないとマジギレしたものの、やはり家に合わないのはわかっていたので、大人しく引き下がりました。しかし密かに復活させようと決意し、虎視眈々とチャンスを狙っていました。

先週末になって夫が大きめのデスクスペースを確保したいと言い出したので、タタミルーム用のテーブルを出すよう勧めました。いっそのこと和室コーナーを復活させてはどうかと、半ば強引にこちらのペースに巻き込み、二階の階段を登りきったところにめでたく完成させました。夫はこの時になって、「やっぱり落ち着く~。」と、仕事もはかどった様子で満足していました。

e0108198_11272749.jpgそして本日、インテリア・デザイナーがやってきて、二階に上がり愕然としていました。彼女は面接の時に「顧客の満足度が一番大切です。」と言い切ってしまったせいか、とても複雑な表情をしながら「ん~え~っと~、ここは和風が希望なんですか?」と聞いてきました。彼女の構想では全く違う雰囲気のラウンジ風の空間になる予定でした。あくまでも今だけの限定と説明しましたが、和洋折衷の和室コーナーで押し切っちゃおうかなとも思います。でも階段の雰囲気ぶち壊しだし、ゲスト用のベッドルームに丸ごと移動してしまおうかといろいろ考え中です。
[PR]
by la-kat | 2007-09-19 18:13 |
<< LAXのエンカウンター・レストラン ケリーの妹 >>