感謝祭のディナー
e0108198_538176.jpg昨日は朝から夫も家にいたので少々興奮気味の犬二匹でした。玄関前に出したら、まだ穴が開いたままの先日の水道管破裂の現場近くまでケリーが行ってしまいました。穴に落ちたらどうしようと心配しましたが、鮮やかにジャンプして飛び越えていました。競技会向きの犬だ、と改めて感心しました。ココをその手前で捕まえましたが、脚が泥んこです。あまりに汚れていたので、ランドリールームのシンクで洗いました。


e0108198_5313549.jpg昨日は11月の第四木曜日、感謝祭、サンクスギビング・デーです。家族で集まるのがお約束ですが、今年は生後四ヶ月にもならない子犬がいるため、長距離ドライブはできないのでベイエリアには行けないと堂々と宣言できました。おまけに引っ越したばかりで片付いていないので(ってもう三ヶ月も経ってるけど)人も呼べないし、サンクスギビングは二人と二匹で七面鳥ディナーにすることにしました。ストレスの度合いが全く違うので、料理も楽しんですることができ、品数も少なめ、食器も普段使いのものでカジュアルにすることができました。デザートはチーズケーキかパイか、一つを選べなかったので、午前中からプロフットボールをテレビ観戦しながら両方作りました。
e0108198_5224033.jpg

日本のおせち料理みたいなもので、大体用意する料理は決まっています。殆どがオーブン料理なのでおせち料理よりもずっと簡単に作れます。うちでは七面鳥のローストは一年に一回しか食べません。年によっては感謝祭に七面鳥の代わりにハムや鶏の時もあります。パイナップル・キャセロールはハム料理の付け合せですが、七面鳥の時でも必ず作ります。この料理のレシピは、WWW以前の時代に UNIXエンジニアのネットワークの料理フォーラムで見つけました。さすがに甘すぎるので、砂糖の量を半分にして作っています。偶然で驚いたのですが、去年クレイ・エイケンがマーサ・スチュアートの番組で、彼のお祖母さんと一緒に全く同じレシピでこの料理を披露していました。地元の教会のメンバーで作った料理本がオリジナルだそうです。南部らしい料理だと納得しました。デザートと間違われそうですが、あくまでもサイドディッシュです。クレイに言わせると、デザートにするには甘さが足りないそうです。
[PR]
by la-kat | 2007-11-23 12:40 | 年中行事
<< 栗の香りのキッチン・キャンドル 慌しかった週末 >>