バイバイ、ダイニングセット
今日も朝からペンキ屋さん達が来て窓枠を塗装しているので、庭に出る時は二匹にリードを付けています。最近、ココには家の中以外では必ず Flexi の伸縮リードを付けるようになりました。
e0108198_805924.jpg
リードに繋がれてココの側でケリーは不機嫌です。ココは自分のリードもそうですが、ケリーのリードをくわえたがるので、鬱陶しいと思われています。
e0108198_811147.jpg
ココはこの家に来てからずいぶんと大きくなりましたが、体の幅はあまり変わっていません。実はココはほふく前進して門の下をくぐらずとも、通り抜けの術で柵の向こう側に行くことができるのです。ココの足が速くなり、私が追いつけず、一度、門の外に出てしまったことがありました。道路に出る前に本人の意思で戻ってきたので事なきを得ましたが、この時からリードは手放せません。

e0108198_7145995.jpg最初の家に合わせて揃えたダイニングセットです。それまでは通販系や学生寮の延長のようなカジュアルな物ばかりに囲まれていた私達が、初めて買った「ちゃんとした家具」です。ラスティはこのテーブルの下に入ってよく寝てました。

七年ぶりにトランクルームから出してきて、この三ヶ月間使いましたが、新しいダイニングテーブルがやってくるので、とうとう今日でお別れです。私はこのテーブルでもいいと思うのですが、インテリア・デザイナーが家の雰囲気に合わないと言うし、夫はもう十分使ったと言うので、新しい物を揃えることにしました。私は消費大国アメリカの人達の主張が受け入れられず、このダイニングテーブルを手放すことに抵抗があったのですが、すでにトランクルームにもう一つのテーブルが入っているので、熟考の末、このセットを欲しいという人にあげて使ってもらうことにしました。

e0108198_720236.jpg新しいダイニングテーブルが他の家具と共にきました。今度のテーブルトップは今までの経験から、多少キズがついても目立たない仕上げにしてもらいました。間抜けなことに、まだ椅子ができあがっていません。クリスマスまでには間に合うとのことです。

e0108198_7395865.jpg椅子があると見えなくなってしまうので、記念に脚の部分を載せます。石で出来ており、職人さんがいい仕事をしてくれました。テーブルの脇の壁にはサイドボードが置かれ、今まで床に放置しておいた鏡をその上の壁に設置してもらいました。この鏡も私には理解不能な、機能を果たさないアンティーク仕様のものです。絨毯と椅子ができてきたら、改めてセットで載せたいと思います。
[PR]
by la-kat | 2007-11-28 16:34 |
<< アンティーク風の鏡 栗の香りのキッチン・キャンドル >>