アンティーク風の鏡
今日はペンキ屋さんの他にも出入りの人達が多く、二匹は皆さんのお出迎えしようと張り切っていました。リードが付いているせいか、いつもと違ってケリーは吠えまくりです。ココはゲートの下をくぐろうとしますが、肩がつかえるようになりました。それならば柵の間から抜けようと頭を突っ込んでいます。

e0108198_941292.jpge0108198_9414154.jpg








e0108198_9415493.jpge0108198_9424036.jpg








ペンキ塗りの作業も後半に入りました。ただ塗るのだけではなく、木の風合いを出す仕上げをしてもらっています。オプションとして driftwood つまり、流木のような質感に仕上げることもできると提案されました。わざわざくたびれた感じにするのが良いそうですが、私にはよくわかりません。アメリカではアンティークが大人気で、新品をわざわざ古く見せる加工をした家具にも需要が高まっています。

e0108198_9274182.jpg先週、届いたダイニングルーム用の鏡もそうです。枠ではなく、鏡の部分をアンティーク風に加工してあり、これが今、人気のスタイルだそうです。初めてアンティーク鏡を見たのは、フレンチ・カントリー風のお宅のパウダールームで、どうしちゃったの、これ?カビ生えてんの?といった感じで驚かされました。その家の奥様ご自慢の鏡でしたが、そこに映る自分の顔がよく見えませんでした。これが第一印象だったので、自分の家にアンティーク鏡など問題外だと思っていたのですが、インテリア・デザイナーが「ここはアンティーク風にするのがベスト。」と言うので、間違いないと思い込んでしまいました。

e0108198_9287100.jpg実際、目の当たりにして、やはり解せませんでした。本物のアンティークで先祖代々受け継がれてきたものならまだ分かるけど、なんちゃってアンティークはただのキチャナイ鏡にしか見えないです。しかも枠は新品という不思議さ。でも壁に掛けるとよく見えるのだろうなと期待したのですが、やっぱりダメでした。ここでご飯を食べるのは無理です。幸いなことに、夫のリアクションも同じだったので、枠はそのままで鏡だけキレイな物に換えてもらうことにしました。インテリア・デザイナーのお姉さんは「いいんですよ~、好みの問題ですから。」とは言ってくれましたが、この人たち、分かってないなー、と思っているに違いありません。
[PR]
by la-kat | 2007-11-29 17:08 |
<< ミニサイズのパネトーネ バイバイ、ダイニングセット >>