クリスマスのお菓子 Peppermint Bark
朝、出勤前の飼い主の寵を競い合う二匹。私はいつも出遅れます。
e0108198_9173296.jpg

e0108198_8414010.jpg夫が靴を履いている隙に、すばやくサンダルに乗るココ。この犬は多くの犬同様、靴が大好きです。私のメレルのサンダルもココの牙にかかり、リタイア寸前です。こればっかりは子犬の目の前に置きっぱなしにしておいた私がいけないのですが、なぜかココは夫のサンダルには興味を示しません。もしかしたら、一度夫のサンダルをくわえた時に、ものすごく怒られて学習したのかもしれません。


e0108198_9175852.jpg
今日も、外に出る時は二匹をリードに繋げます。
e0108198_918192.jpg
ケリーはそろそろ限界のようで、イライラしているのがわかります。何でもかじりたいココがケリーのリードをくわえるので尚更のようです。

e0108198_8422444.jpgこのクリスマスのお菓子のパッケージのダルメシアンと思しき犬も、リボンをくわえて引っ張っています。ペパーミント・バークという、夫の一番好きなクリスマスのお菓子です。セミスイートチョコレートの上にホワイトチョコレートの層があり、その上に杖の形をしたペパーミントのキャンディー(キャンディーケーン)を砕いた物が乗せてあります。

e0108198_8423692.jpg美味しいチョコレートがあれば自分でも作れそうですが、犬の絵の缶が欲しくて、つい買ってしまいます。その形が木の皮のようなので bark という名前がついていますが、bark には「吠える」という意味もあるので、この缶の横についているイラストのワンちゃんは「どこを食べてもおいしいヨ!」と吠えています。
[PR]
by la-kat | 2007-12-05 16:31 |
<< フリースの室内履き ミニサイズのパネトーネ >>