フォトジェニックな二匹
今年も無事に帰ってきました。まだ時差ぼけでぼーっとしています。

成田のがらんとしたレストランで遅いパスタとピザの昼食をとっていたら、芸能人オーラを出したご一行が入ってきて、私達の二つ隣のテーブルにつきました。大きなサングラスをかけた金髪でオサレなスカーフを巻いた人は誰かしら?と思っていたところ、携帯電話を覗き込みながらサングラスをずらしたその姿は、すっぴんの研ナオコさんでした。その素顔は巷で言われるような破壊力はなく、むしろキチンと手入れされた真紅の長い爪がキレイで見とれてしまったほどです。夫は以前テレビで彼女を見て unforgettable  face と表現したことがありましたが、彼も研さんを見て只者ではないと思っていたそうです。

e0108198_12582423.jpge0108198_12575015.jpg














今回の成田からロサンゼルスのフライトは、予定時間よりも一時間短い8時間21分との女性機長によるアナウンスが離陸直後にあったので、機内で見られる映画は2本と思い、どれを見るか真剣に検討しました。行きの機内では予想以上に面白かった「トランスフォーマー」と、ネズミシェフのアニメ「レミーのおいしいレストラン」を見ることができて退屈しなかったのですが、今回は見事に私の興味のない物ばかりでした。そこでもう一度レミーを見ることにしました。レミーはしぐさや表情が可愛くて夢中になりましたが、ネズミが三匹以上登場するシーンはわざとそうしているのか、現実に引き戻される描写で、うぎゃあとなります。

e0108198_12584017.jpgLAXに到着し、いよいよ犬達との再会です。ペットホテルで、お揃いのバンダナを着けてもらったケリーとココは私達に飛びついてきて、ロビーではしばらく大騒ぎでした。ケリーは毛が伸びてふわふわになり、ココは少し大きくなったようです。ペットホテルから毎年恒例の新年のプレゼントを貰いました。今年は骨形のぬいぐるみのおもちゃと犬の写真が入ったフレーム二つずつです。よく見たら、入っているセピア風の写真はうちの犬達のものでした。飼い主バカですが、とても可愛く撮れていると思います。さすがプロのカメラマンは違います。
e0108198_12565973.jpg

[PR]
by la-kat | 2008-01-03 21:45 | コッカーの持ち物
<< シットコムのような日常 やっと飾れたクリスマス・ツリー >>