まだまだ続くペンキ塗り
e0108198_7154837.jpg昨日のシャンプーで疲れてしまったのか、ココがゴロゴロしています。このところ頻繁に見るのですが、もたもたしているココのところにケリーが一緒に遊ぼうと誘っています。今日も家の中でぼんやりしているココを誘いにケリーが来ました。

毎朝、目を覚ました後でもクレートの中でゆっくりしているココに、すでに元気に動き回っているケリーは尻尾をふって出てくるよう催促します。慌しい時間帯ですが、いつか写真に撮れればよいなと思っています。

e0108198_716174.jpg

e0108198_758071.jpge0108198_8412283.jpg










外に出たら今度は二匹そろってフェンスの向こう側の様子を見ています。だんだん体の大きさが近くなってきたせいか、シンクロ度も増しています。しつこく外を見ているケリーに比べると、まだ子犬のココは(もうすぐ生後八ヶ月です)すぐに飽きてしまうのか、日陰に入って休みます。

e0108198_724662.jpg金曜日にペンキ屋さんに来てもらい、作業の半分を終えて一日目が終了しました。夕方、薄緑に塗ってもらったはずの部屋に入ってビックリ!ミドリではなくブルーになっています。これは別の部屋のペンキを間違えて塗ってしまったのだと思い、カラーチャートを宛ててみたら、ちゃんとペンキ屋さんは指定通りの色を塗ってくれていました。手元のサンプルを見ると、どう考えても緑なのに、壁に塗られるとたちまちペパーミント色になっていました(下の写真の一番上右の色です)。

e0108198_731683.jpgこれはもう夫の帰りを待って相談といったレベルではなく、塗りなおし確定です。この壁に囲まれたら寒気がしそうな色です。こんなはずではなかったとガックリする前に、別の緑色を探すことにしました。緑がキテいるとは以前にも書きましたが、後々、ああ2008年ごろの色ね、と言われてもいいので、黄緑系の色を探すため、近所のDIYのお店に行き、サンプルをもらって帰ってきました。

e0108198_754250.jpg週末のうちに色をいくつか選んでインテリアデザイナーに送り、今朝、三色のペンキを試し塗りしてもらいました。彼女もペパーミント色の部屋を見て、これは想定外だったと驚いていました。サンプル通りの色に塗られていますが、光の入り方のせいか、面積が大きくなるとまったく違う色に見えるのが不思議です。試しに塗ってもらった三色もサンプルとは微妙に違うし、こうして私が撮った写真でも肉眼で見るのと違って見えます。勉強になりました。ペンキ塗りは奥が深いです。
[PR]
by la-kat | 2008-03-17 17:21 |
<< 屋根のスペイン瓦 ココ、災難の日 >>