屋根のスペイン瓦
今日は早朝から瓦屋さんが屋根の修理に来ているので、犬達にはリードを付けて外に出しました。
e0108198_340405.jpg

e0108198_3424094.jpg去年の11月から12月にかけて、窓枠のペンキ塗りをお願いした時に、こともあろうに瓦に乗った人がいて、かなりの量の屋根瓦が割れてしまいました。割らずに作業をするのが無理なのかもしれませんが、夫に登場してもらい、ペンキ屋さんが全て元通りにするとの約束をとりつけ、気長に待っていました。瓦は取り寄せとなり、待っている間に雨季に入り、3月も後半の今、ようやく作業開始です。  

e0108198_626980.jpge0108198_354282.jpg






e0108198_3545111.jpg
e0108198_3535336.jpg









運ばれてきたスペイン瓦を間近に見て、その大きさにびっくりです。日本で見たスペイン瓦とは違います。見ていて八ツ橋が食べたくなりました。色は8色ぐらいあり、配列はよくわからず、適当に置いてあるみたいです。上の左下写真の手前は、壊れた瓦の山です。

e0108198_3464031.jpg
一枚一枚釘で打ち付けられるたびに、ケリーは大騒ぎしていたので、何が起きているのかわからせるため、外で見学させました。

e0108198_3422145.jpg
屋根の上には私には覚えのないテニスボールがあったようで、日焼けしたボールを作業の人が下に投げてくれました。ケリーは瓦屋さんを大変気に入ったようで、じっと様子を見ていました。
[PR]
by la-kat | 2008-03-21 14:30 |
<< ターミネーター サラ・コナー・... まだまだ続くペンキ塗り >>