1957年発行の1ドル紙幣
e0108198_6561523.jpgこの土日は記録破りの真夏日でした。新聞によると昨日のLAXの最高気温は35度で、犬たちの散歩も夜7時まで待ちました。ベニスビーチに住む知人によると、昨日は大勢の人が押し寄せ、海岸の駐車場代が$15に跳ね上がったそうです。

e0108198_6532660.jpg今日は少しは涼しいそうですが、それでも夏のような陽気です。こんな日なのに、庭ではスプリンクラーの増設工事をしており、犬たちは家の中で過ごしています。ココはオフィスのテーブルの上に置いてあったペンをかじっていたので、サークルの中に入れました。まだ気が抜けません。

e0108198_654870.jpg先週、ランチの時に貰ったお釣りの中に、ちょっと違う1ドル紙幣を見つけました。手触りは普通で、偽札には見えません。パリパリしていて縦に折り目が付いただけの比較的新しい紙幣です。よーくみたら、発行が1957年の物でした。最近の物との大きなデザインの違いは、一番上が "FEDERAL RESERVE NOTE" ではなく、"SILVER CERTIFICATE"(兌換銀券) となっていることです。

e0108198_754547.jpge0108198_6543264.jpg         





                
(上が2003年発行、  
下が1957年発行)


角のモチーフも違う上、"ONE" がボーダーに八箇所も書かれています。2003年発行の物と比べると、ジョージのお顔も丸く見え、印章も緑ではなく青ですが、裏のデザインはほぼ同じです。なぜ50年以上も前に発行された紙幣が良い状態で出回っていたのか不思議です。

e0108198_6552040.jpgおそらくビバリーヒルズあたりのマダムが自宅にあったコレクションを使い始めたのではないかと、推測します。もしやこれはお宝なのではと思いましたが、調べたところ額面プラス少々の価値しかないそうです。それでも珍しいので、話の種に手元に置いておこうと思います。

e0108198_6553261.jpg

[PR]
by la-kat | 2008-04-14 15:20 | 日常生活
<< 最近よく来るカルガモペア ココの逆襲 >>