ウェディングケーキの謎
ここ数日、二匹はシンクロすることがなく、良いツーショットが撮れません。
e0108198_8343652.jpg
e0108198_8344618.jpg
アウトドア派のケリーはすぐにボールを持って外に出ます。今も私に対して「早くボール投げて」と念じているところです。

ココは最近、姿が見えないと思ったら、新しいお気に入りの場所で寝ていることが多いです。見えにくいのですが、下の写真にココがいます。カジュアル・ダイニングのベンチの後ろのスペースが落ち着くのか、すっぽり入り込み、昼寝をしています。

e0108198_8351916.jpg

e0108198_8355417.jpgちょうどコッカー一匹分のスペースがあり、最初はココだけでしたが、昨日はケリーも入って行き、反対側から出てきました。ケリーの後にココが続き、二匹で面白がっていたのか、何度もグルグル回っていました。二匹はモップ代わりとして使えます。


e0108198_8362396.jpgついに先日の結婚式のネズミが乗ったウェディングケーキについて、話を聞くことができました。なぜネズミ?という質問は私以外からもあったようで、表向きの答えは「今年の干支だから」というものでした。ここまで半分当たった気分です。そして「本当の理由」を教えてもらいました。

彼女が子供の頃に焼いてもらったバースデーケーキが、所々に穴の開いたスイスチーズ(こんなの)を模した物で、穴からマジパンで作ったネズミが顔を出していました。アメリカではチーズと言えばネズミというのが定番で、このケーキは彼女の子供時代の良い思い出だそうです。そして彼女がティーンエイジャーの頃、またあのケーキがいい、と同じお店に注文したら、e0108198_8364533.jpgオーナーが変わっていたので、子供の頃の誕生日の写真を見せて、再現してもらうことにしました。しかし届けられたバースデーケーキは、ネズミがチーズの下敷きになったホラーチックなもので、予想していた物とは全く違っていました。でも少々変わっている物が好きな彼女にとって、このケーキも良き思い出の品となり、人生の節目である結婚式でのウェディングケーキにも、彼女にとっての縁起物であるネズミを乗せることに決めたそうです。

e0108198_837952.jpgちなみに披露宴のテーブルでは各席に、ろうそく型のライト、グラス型のシャボン玉と指人形が置かれていました。乾杯の度に、各自が異なる指人形をはめてグラスを挙げていたのですが、これらが新郎新婦手作りの物だったと今日、初めて知りました。面白い人たちです。
[PR]
by la-kat | 2008-06-18 16:52 | 日常生活
<< 海兎の木版画 オランダのお菓子 stroop... >>