手軽に使えるセルフ・タンニング・ローション
今日は早朝から暑いです。昨日から湿度が高く、犬たちを外で遊ばせても、ココはすぐに日影に入ります。それでもボールで遊びたがるケリーは、私がボールを拾って投げる体勢に入る直前まで、自分は日影で休むという、要領のいい遊び方をしています。
e0108198_7371310.jpg

e0108198_73734100.jpgドーナツの話が続きますが、ケリーの昼寝用のドーナツ型クッションでココがやりたい放題しています。夫が「居間にカメがいるよ。」と言いにきたので見に行くと、ココがドーナツ部分を被って歩いていました。中敷の部分を外し、同盟入りしたいという意志の表れなのか、巨大ドーナツを背負っています。ケリーは食べ物以外にはあまり執着しないので、ココが自分のクッションで遊ぼうが、何も言わずに遠くから眺めています。

e0108198_7375479.jpgケリーはシャンプーに行ってきたばかりで、まぶしいほどに白くなりました。今日も模様がくっきりして涼しげです。ふと、犬の毛も日焼けによるダメージを受けているのではないかと思い、慌ててUVカットの効果のあるグルーミングローションをスプレーしました。

飼い主の私はこの夏、うっかりして腕にTシャツの日焼け跡を作ってしまい、ノースリーブが着られなくなりました。そこで、久しぶりにセルフ・タンニング・ローションを使って、ごまかしてみることにしました。この手の商品が出たばかりの時に飛びつき、夏に帰国した際、お土産として持って帰ったのは十年ぐらい前のことだと思います。当時の物は、付ける時にムラになりやすく、必ずしも満足のいく仕上がりにはなりませんでした。主に脚につけていましたが、角質に反応するので、ひざやくるぶしの色がやけに濃くなったりしていたものです。

e0108198_7381017.jpgしかし、この夏、新しいタイプのセルフ・タンニング・ローションを使ってみましたが、使い心地が良くなっていました。従来品のような即効性はない代わりに、三日間ほど毎日使って、ゆっくりと自分の好みの濃さの日焼け肌を作ることができます。焼けてしまった部分を避けて、肩、首筋、胸元にこのローションをつけてみたところ、イイ感じにブレンドされてきました。香りも柑橘系やバニラ風味で使いやすくなっています。
[PR]
by LA-kat | 2008-08-05 15:50 | 美容・健康
<< 犬のおやつ ブレス・バスター ここにもドーナツ持ちが一匹 >>