どうぶつ病院へGO!
e0108198_7544293.jpg昨日は、ケリーの下唇の側に異常が見られ、動物病院に予約を入れました。ココを一人で留守番させるつもりが、右耳の中が赤くなっていたので、事前に電話して、二匹とも連れて行くことにしました。たれ耳犬にはお約束の外耳炎ですが、ラッキーなことに、ケリーは三歳半になるまで、まったく問題はありませんでした。ココは一歳と二ヶ月です。改めて、ココもコッカー・スパニエルなのだと認識しました。

e0108198_75529.jpg動物病院に行くなどとは知らない二匹は大はしゃぎで、シートベルト用ハーネスの装着も困難を極めました。病院で受付を済ませ、診療室に入ってやっと、どこに来たのか分かったのか、ケリーは落ち着きを失い、ココはドアの前で固まっていました。
e0108198_7551949.jpg
診療台です。反対側の壁にはホワイトボードがあり、他の壁には犬や猫の絵画やドッグフードメーカーのポスターなどが貼られています。飼い主用に、待ち時間に読むための雑誌も何冊かあります。

最初にアシスタントの人が現れて、メモを取り、その後、主治医の先生とインターンの人が来ました。二匹とも愛想をふりまき、ケリーはいつもの嬉ションでお出迎えです。先生達も基本的に犬好きなせいか、床に座り込んで二匹と長々と挨拶していました。

e0108198_757492.jpgココの耳は、コッカーがかかりやすい病気である炎症を起こしていました。発見が早かったと先生に褒められました。ケリーもまた、コッカーに多く見られる皮膚炎にかかっていました。唇の下の折りたたまれているような部分が細菌によって炎症を起こしたそうです。この皮膚炎はコッカー以外にはパグもよくかかるそうで、顔の皮膚の折りたたみ部分が多い犬は要注意です。先生によると、度々この皮膚炎になっていたパグちゃんは、予防の為に形成外科手術を受けて、顔のひだを浅くしたそうです。

e0108198_7574388.jpg
診察が終わり、会計待ちをしていても、二匹とも家に帰りたくて仕方がない様子で、ケリーはグイグイ引っ張っていました。レシートを見て初めて知ったのですが、二匹を同時に診察してもらったので、二匹目の診療代金は一割引になっていました。今日の体重も記してあります。ケリーは30.8ポンド(約14㎏)、ココは25.8ポンド(11.7㎏)でした。

e0108198_758834.jpgケリーには炎症を起こしている部分を拭くための消炎剤を含ませた不織布パッドと、飲み薬が出されました。ココには薬を買う必要はなく、すでにケリー用に持っていた耳の薬を使うように言われました。この病院で出される薬の蓋には、ヒト用ではないとの目印として、e0108198_861846.jpg猫とビーグルらしき犬のシルエットがついていてます。フィラリアの薬も箱から出されて、この容器に入れられます。お薬の時間は修羅場です。二匹とも察しが良すぎて、逃げられてしまいます。仕方が無いので、大好きなクッキーで釣ります。
[PR]
by LA-kat | 2008-09-18 16:24 | お出かけ | Comments(10)
Commented by 40-love at 2008-09-19 09:52 x
我が家ではお薬はピーナッツバターかクリームチーズを少量付けて食べさせます。
以前はバナナと一緒に薬を食べてくれていたのですが最近はバナナだけ食べて薬は吐き出してしまうのですよ。

耳の中の毛を抜くと炎症の予防になるようです。
私は獣医さんに教えてもらって自分でしていますがグルーミングの時に耳の中の毛の処理もしてもらえると思います。

Dukeは二年続けてライム病の治療です。
先回は抗生物質を二週間でしたが今回は30日朝晩。

犬達は症状を訴えることができないので飼い主が気をつけてあげないといけませんね。
Commented by LA-kat at 2008-09-20 07:05
Dukeちゃん、大変ですね。元気になりましたか?
次のグルーミングの時には耳の中の毛も切ってもらうよう、
忘れずに言っときますね。
ピーナッツバター、やってみようかな。以前TVでやっていた
got milk? のCMでも、ラブラドールが、美味しいんだけど
大変そうにピーナッツバターを舐めているのを思い出しました。
口の中の天井に張り付いて辛そうだけど、美味しそうでした。
Commented at 2008-09-21 09:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by LA-kat at 2008-09-21 14:45
ぅらあままさん、コメントありがとうございます。こちらこそ、ごめんなさい。
一時期、特殊な業種からの迷惑コメントが入ることがあり、禁止語彙を
登録してありました。最近は入ってこないので大丈夫だと思い、
キーワード拒否設定を見直してきました。

動物病院に行くと私が緊張するのが、犬達にも伝わるみたいです。
予防接種だけの時は平気なんですが、こればっかりは慣れないです。
Commented by betty315mami at 2008-09-22 22:43
ケリーちゃんとココちゃん、大丈夫ですか?
お薬かぁ・・・ウチは食いしん坊だから飲み薬は、カリカリフードと一緒に口に入れて続けてカリカリフードだけ食べさせると分からないうちに飲み込んでます。
ただイヤークリーナーはダメ(>_<)般若顔して抵抗するので、成功したことがないんんです。
ケリーちゃん、ココちゃん早く良くなってなってね♪
Commented by borders_high56 at 2008-09-23 02:04
こんばんは。
お薬入れ、映画でよく登場人物が飲んでいるのを見かけるケース
ですね!!ペット用にもこれなのですね。かわいいなあ。
と不謹慎にも思ったところで。。。
早くよくなりますように☆☆☆
イヤークリーナーはうちでは液体のあとにパウダーを使っています。
冬場は必要なさそうですが。。
実家のBコリー(お耳は半垂れ)はすぐ外耳炎になってしまうので
コッカーの耳には怯えていたのですが、彼は非常に丈夫です。
犬によって個体差があるのでしょうか。。。

あっ☆GEORGEのドッグタグしているのを発見♪
Commented by LA-kat at 2008-09-23 05:57
mami さん、ご心配をおかけしました。すっかり元気ですが、
お薬はまだ続いています。ベティちゃんの方法もよさそうですね。
早速、試してみます。

やっぱりイヤークリーナーは嫌がりますね。クリーナーを取り出す前に
ケリーを押さえておかないと、逃げられるので、いつもアシスト役が
必要になります。
Commented by LA-kat at 2008-09-23 06:02
borders さん、二匹ともだいぶ良くなりました。処方薬入れは
ヒト用は黄色がかったオレンジの半透明で、ペット用は緑色なんですよ。
ケリーは初めて外耳炎に掛かったのが今年の初めでした。今まで
ラッキーだったと言われました。やっぱり個体差があるようですね。

このドッグタグはGEORGEのに見えますが、実はロサンゼルス市の
鑑札なんです。ちょっとオサレな形でしょ?赤いのが迷子札です。
Commented by hinaharu16 at 2008-09-24 01:33
やはりコッカーちゃんはお耳は気をつけないとダメですよねぇ~
うちも、ひなはるは比較的お耳はきれいなほうだったんですが、今回、ひなのお耳の裏側が赤く腫れちゃって、病院に行ってきました。
やはり、外耳炎。
お耳の洗浄をして貰って、赤い部分にお薬塗って、今は掻かないようにエリカラ生活なんです(涙)
おまけにお口の周りもこの時期は赤くなっちゃう。
LA-katさんが貰った消炎剤を含ませた不織布パットっていいですねぇ~
こんなの欲しいなぁ~って思いました。
今はイソジンで拭いてます(^^;
その後、お耳の状態はどうですか?
Commented by LA-kat at 2008-09-24 05:08
みかりんさん、ありがとうございます。ココの耳はすっかり元通りになりました。
ひなちゃんのエリカラ生活、はやく終わるといいですね。

口の周り用のパッドの成分は、アルコールと、硝酸ミコナゾール、
グルコン酸クロルヘキシジン液と書いてあります。よくわからないけど
殺菌消毒が必要ってことみたいです。色の付かないイソジンがあれば
便利でしょうね。
<< お手軽エスプレッソマシン ネス... マリーナで買ってきたマリン雑貨 >>