アメリカのマッシュルームいろいろ
e0108198_8351311.jpgようやく秋らしくなってきました。食欲の秋のはずなのに、ココはあまり勢いよくご飯を食べません。ダイエット中のケリーと同じく、ドッグフードの上に、蒸したキャベツと煮込んだ鶏肉を乗せて与えているのですが、鶏肉だけを食べて、一時間ほど放置しています。しばらくしてまた食べ始めるのですが、この一週間は、薬を飲ませるため、どうしても食べない時は、私の手からドッグフードを食べさせていました。これはやっちゃいけないと思っていたのですが、夫がしてしまい、それからココが甘えるようになってしまいました。今朝はちゃんと自分でドッグフードまで食べていましたが、完食していません。

e0108198_8303427.jpg
ココの残したご飯を目当てに、ケリーがやってきました。私に怒られるのをわかっているので、じっと見るだけです。それでも、私に目でお願いに来ました。

e0108198_831874.jpg

ケリーはまだダイエット中なので、ここで気を抜くことはできません。少しすっきりしてきたので、この調子でがんぱりたいと思っています。

e0108198_8312744.jpg昨日、女の子らしさが溢れる素敵なブログで紹介されたキノコ料理を思い出し、ごく平均的なアメリカ人が利用するスーパーに、キノコを買いに行ってきました。野菜売り場は割とすいていて、カメラを持っていたので、そばにいた店員さんに、日本のお友達にアメリカのマッシュルームを見せたいので、写真を撮ってもいいか聞いてみました。すばやく撮るならOKとの許可をもらい、二枚だけ撮れました。

e0108198_8315879.jpg一番下の段には、パック詰めになった丸ごとのマッシュルームやスライスしたものがあります。アメリカでメジャーなキノコと言えばこの白いマッシュルームですが、その上の段の色違いの茶色の物( ↓ クリミニ・マッシュルーム)も多くあります。e0108198_8322796.jpgカリフォルニアはアジア系住人が多いので、運が良ければ、この段にエノキダケやオイスター・マッシュルーム(ヒラタケ)が並ぶ日もあります。キノコの右には青梗菜や白菜が置いてあり、思わず鍋をしたくなりました。

e0108198_833637.jpg上の二段には大皿に盛られた量り売りのキノコがオサレに並んでいます。シイタケは一般に浸透しつつあり、テレビの料理番組のレシピにも頻繁に登場し「シターキ」と発音されています。「サーキー」や「キャリオーキー」(一応、酒とカラオケ)と同様、外来語として定着しました。右にある巨大キノコ、ポートベロは、肉厚でコクがあり、ベジタリアン料理で大活躍します。

e0108198_8333748.jpg昨夜は、クリミニ・マッシュルームを使って、パスタ料理を作りました。茶色のマッシュルームは白い物と比べて、ずっといい出汁が出るので、パスタに絡めるのに最適な食材です。細かく刻んで、イタリアン・ソーセージと炒め、グリーンピースを入れて、蝶々のパスタに絡め、チーズで味を整えます。ケーブルTV、フード・ネットワークの料理番組で見てから(レシピはこちら)、月に一回は作っています。白トリュフオイルとの相性もバッチリです。
[PR]
by LA-kat | 2008-11-06 15:57 |
<< 緑茶の香りの アロマ・ディフューザー 週末の「おうちごはん」 >>