カテゴリ:日常生活( 60 )
エコバッグを使ってみようかな
e0108198_7401898.jpg今日は曇りであまり気温が上がりそうもなかったので、ゆっくりしてから朝の犬の散歩に出かけました。先週のケリーは散歩途中で芝生の上に腹ばいになって休んだりしていたのですが、今日は余裕で帰ってこれました。


e0108198_7403057.jpg次はココの番、と準備をし始めたら、電話がかかってきたり、届け物があったりとバタバタしてしまい、うっかりココを連れ出すチャンスを逃してしまいました。ココ本人は散歩に行く気満々だったので、ちょっと私に対して怒っているようでした。しばらくしたら居間のソファーの背もたれの上でふて寝し始めました。庭に出ようと、声をかけても知らん顔されています。しかし、ココのまつげがまた伸びたようで、羨ましいほどの長さになってます。
e0108198_7404152.jpg
ケリーを連れて庭に出たら、さっきまでゴロゴロしていたココがやっと出てきました。

e0108198_7405713.jpg昨日久しぶりに買い物に行ったスーパーで、初めてエコバッグなるものを買いました。レジで前のお客さんが大量に買い物をし、すべて大きめのエコバッグに納めていたのを見て、自分も欲しくなったのです。でも使い勝手など良くわからないので、とりあえず一つだけ買い、パスタやシリアルなどの濡れてない商品だけを入れてもらいました。思った以上にたくさんの物が入ります。底板がないのが難点ですが、重い物を入れても大丈夫そうです。今回は乾いた物だけを入れてもらいましたが、レジ袋を貰うのをやめるとなると、肉や牛乳なども入れることになりそうです。じかに入れるのにはちょっと抵抗があるので、使い分けをするか、いろいろ考える必要がありそうです。

e0108198_7411715.jpgちょうど先日、日系スーパーの店頭で手に入れた地元の日本語フリーペーパーに、地球環境にやさしいライフスタイルの特集記事があり、エコバッグの写真がたくさん載っていました。日本ではすっかり定着しているとの記述があり、地元スーパーのオリジナル・エコバッグはアメリカ土産としても喜ばれるそうで、なるほどキレイなデザインの物があります。

日本のネットショップで「西海岸セレブ系スーパー エコバッグ3点セット」というものを見つけました。オーガニック系のチェーン店と、高級感漂うお店の物ですが、決してお高いお店というわけではありません。ハリウッド近辺にあるためセレブが目撃されることが多いので、セレブ系と括られているのかもしれませんが、普通の人たちも行くお店です。ちなみにこのバッグ、日本では一つ1,700円で売られているようですが、元は$1.50 、$1.99 といった値段です。私が昨日買った緑色のバッグは99¢と、普及しやすい価格設定になっています。普段使うスーパーは4軒あるので、それぞれのエコバッグを試してみようかなと思います。
[PR]
by la-kat | 2008-05-06 15:58 | 日常生活 | Comments(3)
小切手詐欺の被害を防ぐためのペン
一昨日の夕方から急に寒くなり、体が変になりそうです。今の気温は19度で、今日は長袖を着ています。それでも二匹は今日は日影に居ることが多いです。ケリーは植え込みの中でなにやらゴソゴソ動いており、ココはのんびり座ってその様子を眺めています。
e0108198_8495739.jpg
e0108198_850883.jpg

ケリーが顔だけ出してこちらを見ていました。後ろに咲いている赤い花は、今、ちょうど満開のハイビスカスです。



e0108198_85039100.jpg今週はじめ、スプリンクラーの増設をお願いした業者さんからの早朝の電話で驚かされました。先日、私が郵送した支払い分の小切手が盗まれたそうです。すぐに銀行に連絡して現金化できないようにし、改めて小切手を切ると伝え、「盗まれた!」を連呼する相手を落ち着かせて電話を切りました。銀行の担当者に電話をし、小切手の番号を照合して初めてわかったのですが、私はその業者さんに小切手を送っていませんでした。つまり小切手を入れ忘れ、空の封筒に切手を貼って郵送してしまっていたのです。どうやらボーっとしていたらしいです。業者さんが何度も「盗まれた」と言うので郵便箱をこじ開けられたのかと思いきや、ただ「見当たらない」だけでした。自分の失敗を棚上げしてますが、情報伝達は的確にお願いしたい、と思ってしまいました。でも自分がおっちょこちょいである故に起きたわけで、銀行の人は「よくあること。」と言ってくれましたが、これからは十分気をつけます。

e0108198_8511525.jpg本当に盗まれていなくて良かったのですが、あまり深刻に受け止めていなかったのには理由があります。それは小切手詐欺の対策として効果のある特別なインクのペンで記入していたからです。個人用小切手は特殊なものではなく、ごく一般的なもので、公共料金の支払い等に使われます。最近はネットでの支払いが普及してきたので、うちでは今回のような業者さんへの支払いや納税ぐらいにしか使いません。それでも小切手詐欺への対策は必要と思い、小切手を切る時は必ず、日本製の uni-ball Signo 207を使うと決めています。詐欺師は盗んだ小切手を特殊な液体を使ってインクを洗い流し、受取人と金額を自由に記入して現金化します。このペンのインク (207) はどんな手を使っても消すことができないそうで、油性マジックを使うよりも安心なのだそうです。

e0108198_8513778.jpg昨日、事務用品店に行って、いろいろ買って来ました。インクの色は選べますが、ボディーがメタリックの物のインクも黒です。初めてこのペンを知ったのは一年ぐらい前で、家の売買の契約書を作成する時に、不動産屋さんから貰いました。その後、LAタイムズでもこのペンに関する記事が出ていました。仕事でもプライベートでも、書類に署名をする時はこれを使うようにしています。競合他社製品は今のところ見かけないので、しばらくリピート買いしそうです。
[PR]
by la-kat | 2008-05-01 16:57 | 日常生活 | Comments(2)
いつの間にか、もう春
週の真ん中の水曜日です。テレビのニュースで、漂流コッカーのスニッカーズくんがラスベガス郊外の新しい家族に可愛がられている様子を見ました。本当によかったです。

e0108198_7121572.jpg

e0108198_7124085.jpg昨夜のアメリカン・アイドルは番組史上一番難しいのではないかと審査員も思ったブロードウェイ・ミュージカルの楽曲がお題で「キャッツ」や「オペラ座の怪人」の作曲をしたアンドリュー・ロイド・ウェバーがコーチ兼コメンテイターとして出演しました。

驚いたことに、出場者の中に生放送なのに歌い始めてすぐにやり直しをした人がいました。バンドを止めて、もう一度最初から、と言って再スタートしましたが、機材などに問題が生じたのではなく、単に歌詞を忘れたのが原因でした。これには私もドン引きです。いつもは甘いことしか言わない審査員のポーラが、しばしの沈黙の後「絶対に、歌い始めたら途中で止めてはいけません。」と言ってくれました。さすが芸暦の長い人は違いますが、あとの二人の審査員がやり直しはOKみたいなことを言っていたのにも、びっくりしました。

e0108198_7125335.jpg

最近、ココが私の言っていることを理解できるようになったのか、「お散歩行く?」と言うとケリーと一緒に小躍りするようになりました。二匹一緒は無理なので、別々に行くのですが、私にとって一時間歩くことになり、いい運動になっています。ココはあまり散歩が好きではないのか、ケリーと一緒に居たいのか、すぐに家に戻りたがります。



e0108198_71327100.jpg

e0108198_7134825.jpge0108198_7135989.jpg名前がわからない花





e0108198_7141347.jpg庭の花もいろいろ咲いています。ジャスミンの花は終わってしまい、カラーリリーと名前を知らない白と薄紫の花が満開です。バラも咲き始めました。ハイビスカスとブーゲンビリアが南国チックな雰囲気を出しています。アジサイも少し色付いてきました。春なのね、と思って気がつけば、うっかりしていました。もう四月下旬です。春どころか、もうすぐ初夏です。ココのまつげもいつの間にか伸びてバサバサしています。段々コッカーらしくなってきました。

おまけ。これで見納めかもしれない、ココの関節外しの術の動画です。ボールをフェンスの向こう側に転がしてしまい、おろおろしているケリーのところにココがやってきました。ケリーは鳴いています。ココが取ってきてあげる、とでも言っているかのようにフェンスを通り抜けようとしましたが…


[PR]
by la-kat | 2008-04-23 15:37 | 日常生活 | Comments(0)
最近よく来るカルガモペア
e0108198_6352397.jpgこのところ夕方になると、ポンプが止まった後のプールに、カルガモのペアが水浴びをしにきます。毎日のように来ますが、ケリーはその度に吠えまくっています。今日は早朝からやってきました。偶然、二階にカメラが置いてあったので、ベランダから二羽の様子を撮影しました。
e0108198_6285048.jpg

e0108198_64881.jpg私達の様子に気がついているようでしたが、二羽は悠然としています。もぐったり、水から上がったり楽しそうです。一度だけ、カラスが一羽合流してきましたが、微妙な距離をとっていました。その一部始終をケリーはじっと見ていましたが、トリだとわからないのか、まったく吠えません。チラチラ私の方を見ながら、自分も下に行きたそうにしていました。
e0108198_6273643.jpg

e0108198_6344993.jpg


その頃ココはまだクレートの中にいました。寝癖がついていて頭がボサボサです。ココは朝が苦手のようで、いつまでもクレートの中でゴロゴロしています。なかなか出ようとしないので、ケリーが呼びにきました。






e0108198_636022.jpg
それでもココが出てこないので、ケリーはペッタンコ犬を持ってきて、遊ぼうと誘います。

e0108198_6354813.jpg

e0108198_6362517.jpg

私がココの前脚を持って、クレートから出そうとすると嫌がるので、いつも本人の意思に任せています。そのうちにココもケリーのように飛び降りてくるようになると思いますが、いつも手前のクレートまで出てきたココを抱き上げて床に下ろします。ケリーは自由にどこにでも行けるのですが、毎朝気長にココを待っています。
[PR]
by LA-kat | 2008-04-17 15:40 | 日常生活 | Comments(0)
1957年発行の1ドル紙幣
e0108198_6561523.jpgこの土日は記録破りの真夏日でした。新聞によると昨日のLAXの最高気温は35度で、犬たちの散歩も夜7時まで待ちました。ベニスビーチに住む知人によると、昨日は大勢の人が押し寄せ、海岸の駐車場代が$15に跳ね上がったそうです。

e0108198_6532660.jpg今日は少しは涼しいそうですが、それでも夏のような陽気です。こんな日なのに、庭ではスプリンクラーの増設工事をしており、犬たちは家の中で過ごしています。ココはオフィスのテーブルの上に置いてあったペンをかじっていたので、サークルの中に入れました。まだ気が抜けません。

e0108198_654870.jpg先週、ランチの時に貰ったお釣りの中に、ちょっと違う1ドル紙幣を見つけました。手触りは普通で、偽札には見えません。パリパリしていて縦に折り目が付いただけの比較的新しい紙幣です。よーくみたら、発行が1957年の物でした。最近の物との大きなデザインの違いは、一番上が "FEDERAL RESERVE NOTE" ではなく、"SILVER CERTIFICATE"(兌換銀券) となっていることです。

e0108198_754547.jpge0108198_6543264.jpg         





                
(上が2003年発行、  
下が1957年発行)


角のモチーフも違う上、"ONE" がボーダーに八箇所も書かれています。2003年発行の物と比べると、ジョージのお顔も丸く見え、印章も緑ではなく青ですが、裏のデザインはほぼ同じです。なぜ50年以上も前に発行された紙幣が良い状態で出回っていたのか不思議です。

e0108198_6552040.jpgおそらくビバリーヒルズあたりのマダムが自宅にあったコレクションを使い始めたのではないかと、推測します。もしやこれはお宝なのではと思いましたが、調べたところ額面プラス少々の価値しかないそうです。それでも珍しいので、話の種に手元に置いておこうと思います。

e0108198_6553261.jpg

[PR]
by la-kat | 2008-04-14 15:20 | 日常生活 | Comments(2)
カルガモ飛来
今朝出かける準備をしていたら、ケリーがやたらと吠えまくっていました。何事かと見にいったところ、窓の外に向って地団駄を踏んでいます。リスでも来ているのかと、戸を開けて二匹を庭に出しました。
e0108198_805657.jpg
そこに居たのはリスではなく、カルガモのペアでした。この家にカルガモが来たのは初めてです。今の季節、カルガモは珍しい存在ではなく、近所で散歩中にカルガモの親子が歩いているのを見たこともあります。

e0108198_81879.jpg積極的に吠えているのはケリーで、ココは後ろに付いているだけです。カルガモたちはまったく犬達を気にすることなく、余裕で泳いでいます。ケリーは前の家でもカルガモに遭遇しているのですが、ココは初めて間近に見る鳥に警戒している様子でした。

e0108198_812027.jpg午後から、もうすぐ二歳になる女の子が家に来たのですが、ココがとても興味深い反応を見せました。私が知る限り、ココがヒトの子供に接するのは初めてで、女の子がちょっと動いただけで、ココは飛び上がって逃げ出しました。それでも子供好きのケリーと仲良く遊ぶ様子を見て、恐る恐る近づくものの、すぐに腰を抜かします。女の子はココと遊びたいので側に来るのですが、ココは私の後ろに隠れたと思ったら、すぐにソファに飛び乗り、背もたれの上にスフィンクスのように座ったままで、しばらく降りてきませんでした。ココはヒトが大好きだと思っていたのですが、意外な一面が見られて面白かったです。
[PR]
by la-kat | 2008-02-26 16:00 | 日常生活 | Comments(0)
ステキな手書き文字
今日はスカッと晴れました。でも風が強く、犬達の耳も舞い上がっています。
e0108198_985665.jpg
最近はまとわりつくココがだいぶ大きくなってきたので、ケリーの威嚇も激しくなってきました。

e0108198_912565.jpg二匹で駆けずり回って遊んだ後は、ケリーはボールを持ってきます。ココは日光浴を楽しんでいるかのように、一箇所に落ち着いてカラスの観察などをしています。ときどきココもケリーのボールを追いかけますが、ケリーのようにジャンピングキャッチをしたり、私のところに持ってくることはありません。大好きなケリーと一緒に遊びたいだけのようです。ココがボールをくわえると、ケリーは面白くないらしく怒って吠えますが、ココは尻尾を振って喜んでいます。


e0108198_9115058.jpg先日、字がステキな人からカードが届きました。ショップのお兄さんなのですが、私はこの人の手書き文字の大大ファンです。いつも封筒の宛名を手書きしてお店のイベント案内などを送ってくれるのですが、しばらく眺めています。目の前で彼が伝票に記入する時は、じっと見入ってしまいます。

e0108198_9233657.jpgこのフランス人のお兄さんが書く字は、いわゆるカリグラフィーとは違うし、丸文字でもないのですが、真似してみたいと思わせます。できればフォントにしたいぐらいです。先日来てくれた巨漢の水道屋さんも、十代女子のような可愛らしい字を書いていました。意外性のある人を見つけるとなんだか嬉しくなります。
[PR]
by la-kat | 2008-01-30 16:43 | 日常生活 | Comments(0)
It's a small world.
雨の週末が明け、今朝はいい天気です。
e0108198_7481327.jpg
それでも芝生はまだ濡れていて、ケリーのボール遊びは無理なので、犬達を裏に連れて行きました。
e0108198_7483963.jpg
今日もこの塀の上に訪問者があったらしく、ケリーは上ばかり見ています。ここを歩くのは、シカ、カラス、ご近所のラブラドールやキジネコなどです。
ココも上を向いて何を見ているのかな?と思った次の瞬間!
e0108198_7485333.jpg

e0108198_7505864.jpgジャンプして植え込みに上がっていました。ココも脚力のある子犬で、立派なコッカー・スパニエルになりつつあります。

そろそろココの前髪をどうするか、伸ばしてチョンマゲにするか、切るべきか、来週グルーミングに連れて行くまでに考えねばなりません。昨日はケリーのグルーミングでしたが、しっかりと前髪のツンツンとまつげは切らないようにとお願いしてきました。


e0108198_7511060.jpg昨日、ケリーと家に戻った時、ちょうど二軒先のご近所さんが犬二匹と散歩中でした。挨拶をして犬談義で終わるところが、彼女が私達には共通の知人がいる、と言ってきました。彼女の両親が、夫の友人で仕事仲間のブライアン(日本に連れて行った時、アッキーに「ビバリーヒルズ高校白書に出ている俳優さんたちよりも、ずっとハンサム。」と言わしめたイケメン)の奥さんの両親のお友達だそうです。先日、このご近所さんのディナーパーティーの時に私達夫婦のことが話題に上がったそうで、世の中狭いなぁと驚かされました。前の家でも2ブロック先のお宅が、私のグリーンカード申請時にお世話になった人事部の方のご主人の親戚でした。彼女とは会社を辞めた後も親交があり、ベイエリア在住の彼女は、クリスマス休暇にはうちに寄ってからご主人の親戚の家に行くのが習慣になっています。ロサンゼルスは広いですが意外と狭く、実はいろいろな人と繋がっているようです。
[PR]
by la-kat | 2008-01-28 15:48 | 日常生活 | Comments(2)
シットコムのような日常
e0108198_457322.jpg
金曜日から雨が続いていましたが、今日はカラッと晴れました。犬達も大喜びで、ケリーもご機嫌です。ココは時々ご乱心の滑走をしています。
e0108198_4521688.jpg

二匹並ぶと、ココが大きくなってきたのがわかります。今朝は二匹で三種類のボールを取り合って遊んでいました。

e0108198_5115491.jpg昨日の昼はNFL(米プロフットボール)のプレーオフがあり、どうしてもライブで見たかったので、居間のテレビの前でサンドイッチの昼食をとることにしました(っていつものことですが)。うちのコーヒーテーブルは通常のアメリカサイズよりも低めに作ってあるので、床にクッションを置いてちゃぶ台のように使うことができます。食事の途中で席を立ち、戻ってくるとケリーが私の席に座っていました。仕方がないので、さらに隣に別のクッションを置き、ケリーに移ってもらおうとすると、どこからともなく現れたココがそのクッションに飛び乗ってしまい、私の居場所はなくなりました。呆然としている私に夫は「まるでシットコム(シチュエーションコメディ)みたいだ。」と言って笑っていました。ダーマ&グレッグにありそうな話です。

e0108198_4531853.jpg夫は私がケリーに別のクッションに座るよう説明しても、犬とコミュニケーションできるわけがない、と思って見ていたので、ココがちゃんと理解していたのが面白かったそうです。ココは意外と(犬としては)賢いらしく、もしかしたらケリーでは無理だった、いろいろな技の数々を習得してくれるかもしれません。本格的に訓練してみようかと考え中です。
[PR]
by la-kat | 2008-01-07 14:54 | 日常生活 | Comments(2)
I am an engineer.
昨日までの三日間と打って変わって、今朝は快晴です。
e0108198_8414836.jpg

e0108198_8421044.jpge0108198_8422242.jpg








e0108198_842174.jpg久しぶりに駆け回ることができて二匹とも嬉しいのだろうと思っていたら、強風により飛ばされた木の葉や枝などで遊んでばかりいました。ケリーは小動物や空を飛ぶ鳥に興味を示し、私のカメラを見てくれません。逆にココはカメラ目線が多く、レンズを覗き込んできます。後ろ足で体を掻きながらもこちらを見ています。ココは成長が著しく、脚の毛もだいぶ長く伸びて、ふわふわになってきました。今週ココを見た人たちは皆、ケリーとココの頭の大きさが近くなってきたと言っています。

e0108198_8424483.jpg三ヶ月前に注文した洗面所の鏡が届きました。本当はとっくに出来上がっていたはずなのですが、夫用に同じ大きさの鏡を二つ注文したところ、倍の大きさの鏡が一つ届けられるという手違いが起こりました。この手の間違いにいちいち反応していたら血圧が上がりっぱなしになるので、だまって作り直してもらい待っていたのです。取り付けはインテリア・デザイナー立会いの下、業者さんにお願いしました。作業が終わる前にデザイナーが帰ることになり、この人たちの仕事ぶりは大丈夫なのか彼女に聞いたところ、毎日していることだし心配ない、と言われ、一抹の不安を感じつつも彼女の言うことを信じました。

e0108198_843107.jpgしかーし、取り付け終了と呼ばれて見に行くと、二つ並んだ鏡のうち、どう見ても右の物が少し上についています。直してください、とお願いすると、業者さんは曲がってないし、同じ高さだと主張します。そこで私は定規を取り出し、カウンタートップから鏡までの距離を測ると、やはり6ミリメートルずれていることが判明しました。「6ミリもずれてるんだから、直してください。」と再び言うと、「えー、たったの6ミリだけですよ、直すんですか?」とクラクラするような返答をされました。「同じ物を二つ並べているのだから、同じ高さにするために、右の鏡を6ミリ下げてください。」と丁寧にお願いしたのに不服そうな顔をされました。こうなったら、本当は言いたくないけど、ものすごく効果のある一言を言い放つことにしました。「私はエンジニアです。」

すると突然この業者さんは、あー、だからこの人はどうでもいいことにごちゃごちゃ細かいことを言うんだな、というような表情で「はい、わかりました。」と言い、鏡の位置を直してくれました。面倒くさがり屋でいい加減な部分の多い自分が「私は融通の利かない頑固で几帳面な石頭です。」と自己申告をしているみたいで嫌になります。エンジニアだからではなく、日本で生まれ育った自分としては、鏡をキチンと取り付けることは普通のことだと思うのです。それが通用しない環境で生活しているので、自分がエンジニアの代表だとは思っていませんが、I am an engineer. のフレーズを有効に使えてしまうことがよくあります。

ちなみに見た目は全然エンジニアっぽくない私ですが、買い物時の現金での支払い方など日常生活の様々な場面で、エンジニアしかやらないやり方を無意識のうちにしている、と夫は言います。見た目は秋葉系ではないけど中身はおたくだし。そんな私を夫は「ハイブリッドおたく」と呼びます。
[PR]
by la-kat | 2007-12-21 16:36 | 日常生活 | Comments(0)