<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
イソップのリンド・ボディバーム
ハロウィーンの今日は、朝から仮装する人たちを多く見かけました。銀行の窓口の皆さんが、ゾンビ、ミツバチ、ピンクのフラミンゴでした。散歩途中の幼稚園の園児もパワーレンジャーだったり、白雪姫、プレスリー(幼稚園児がなぜ?)など手が込んでいました。先生も顔にペイントしていましたし、今日、家に来る業者さん達にも期待したのですが、さすがにコスプレしている人はいません。
e0108198_863281.jpg

e0108198_7401734.jpg今夜はうちには誰も来ないはずですが、ハロウィーンの飾り付けをしてないのに子供達が来た、という人の話を聞いて、ちょっとあせっています。なーんにもハロウィーン用のキャンディーを用意してませーん。あるのは美味なるスイスのチョコレートと加賀らくがんだけです(このご時世では市販の個別包装されたお菓子以外はNGです)。外灯を消せばよい、と言われましたが、余計なお世話なことに、うちの外灯は太陽光センサーで作動するので手動で消せません。ピンポン鳴っても無視するしかないです。

e0108198_7404622.jpg今日もストレッチをして、ほふく前進するココ。シャンプーしてもらったばかりなのに、もう汚れています。ココが来てから、普段よりも頻繁に手を洗うので、肌が乾燥気味です。ハンドクリームをつけても、すぐに洗い流してしまうし、ケリーが舐めたがるので困ります。バジャーバームの手荒れ用を使いたいのですが、引っ越し以来見当たらないので、緊急時と判断し、イソップのリンド・ボディバームを使い始めました。夫の日本への出張時に定宿にしているホテルのアメニティで、四月に私も一緒に行った時に貰って帰りました。手荒れに即効性があり、それ以上に嬉しいのが香りです。オレンジとピンク・グレープフルーツの香りがして、付けるだけでシャキッとして目が覚めます。美味しそうな香りですが、夫にはキツイらしく、鼻がむずむずするそうです。

e0108198_7572778.jpgイソップはオーストラリアの製品で、日本ではランドマークタワーのバーニーズで売っていました。アメリカではスキンケア製品はいくつか販売されていますが、ボディケア製品を見かけたことがありません。バジャーバームほど手軽に買える値段ではないですが、少し付けただけでもよく伸びるし、それなりの効果があります。今度の帰国時のための買い物リストに書き加えました。こちらからのお土産になりませんが、おすすめです。
[PR]
by la-kat | 2007-10-31 16:20 | 美容・健康
家の中だけハロウィーン
ココがめきめきと大きくなっています。耳も脚も胴体も伸びていますが、体の幅や頭の鉢はあまり変わりません。
e0108198_4153443.jpg

ケリーの後についていたココが、今では一緒に並んで歩いています。
e0108198_415777.jpg

e0108198_4285728.jpg昨日は二匹とも三週間に一度のグルーミングに行ってきました。ココはシャンプーと爪きりだけでしたが、ケリーはヘアカットをしてもらい、頭のツンツンをペッタンコにされてしまいました。なんだかぼさぼさです。おまけに思いっきりパピーカットで若返りました。昨日はお店がとても混んでいたので、どうしてなのか聞いてみたところ、ホリデーだから、との答えが返ってきました。飼い主の皆さんの考えることは同じで、ハロウィーンに備えて犬もキレイにするようです。
e0108198_415482.jpg

e0108198_6165438.jpg新しい家に引越しして初めてのハロウィーンですが、今年は外の飾りつけをやめました。うちは道路から玄関までスロープがあり、どう考えても小さなお子さんがピンポン鳴らして歩いて上ってきたり、親が車で知らない家に乗り入れてくるとも思えません。思い切って夫に今年は無しでも良いかと聞いてみたところ、何もしなくてもいいと言ってくれました。中学の英語の教科書に載っていたような、お菓子をくれない家は仕返しをされるということはありません。ベイエリアでもそうでしたが、徒歩ではなく親が車を運転し、飾りつけをしている家を見つけたら親と共に車を降りてキャンディーをもらいに行くというやり方が一般的で、何もしていない家には子供たちは来ないそうです。今までは玄関でハロウィーンの格好をした犬たちと子供たちを迎え入れるというパターンでしたが、ココは予想以上に育ちすぎておサルさんの衣装に入らなくなってしまったし(先週、写真撮っといてよかった)ちょっとホッとしています。

e0108198_6175721.jpg家の中の家具もまだ揃っていないので飾り付けどころではないのですが、一応、引越しの時に荷物から出てきた、懐かしのカボチャクッションを飾ってみました。緑のカボチャは、当時住んでいた家の居間の壁紙の色に合わせて作った物ですが、この家の中にも居場所が見つかりそうです。

e0108198_6182818.jpg毎年ハロウィーンから感謝祭までの間、ダイニングテーブルの中央にカボチャを飾ります。ダイニングテーブルは現在、家具選びの資料や生地のサンプルなどの置き場になっているので、カボチャの盛り合わせはキッチンに置きました。

e0108198_6185582.jpg
ガラスの器に入っているトウモロコシの粒をかたどったキャンディーは、夫が子供の頃に一番好きだったキャンディー・コーンです。アメリカ的な甘さのやわらかいキャンディは一度に二個食べれば十分ですが、夫は夕食後、デザートと称して五個は食べてます。一年中売っている物ですが、多くの家庭同様、うちでもハロウィーンの季節物です。
[PR]
by la-kat | 2007-10-29 15:20 | 年中行事
なかなか便利なポットフィラー
怒涛の動画ラッシュのつもりでしたが、被写体がそれを許してくれないので今日でおしまいです。それでも、今まで階段を登ることしかできなかったココが降りてくるところを、少しだけですがキャッチできました。




e0108198_633042.jpgココはこの数日で少しずうずうしくなったようで、ケリーに遊ぼう遊ぼうと飛びついていくようになりました。もちろんケリーは怒るのですが、ケリーも子犬の頃は同じようなことをしていました。ラスティに怒られていたことなど忘れてしまっています。

ココはボールみたいによく跳ねます。




調子に乗って、がるるる言っていたかと思ったら、初めてケリーに向かって大声で吠えてました。




e0108198_6332145.jpg突然ですが、浄水器を取り付けてから、三週間経ちました。経過報告です。思いのほか、キッチンのポットフィラーが便利です。「ポットフィラーのせい」とか悪態ついて最初は邪魔物扱いしていましたが、ポットフィラーに謝りたい気分です。確かに、シンクで大鍋に水を汲んでから腕をプルプルさせながらコンロまで運ぶ、という作業をしなくてもすみます。

e0108198_6333795.jpg空の鍋をコンロに置き、ポットフィラーのアームを伸ばして給水するのですが、ちゃんと右側のコンロ四箇所に移動できます。水の勢いも丁度良く、鍋の外に水がはねることもありません(まあちゃんのお家の真似をして保温調理鍋を米国アマゾンで買いました)。水を汲みながら鍋がいっぱいになる前にコンロの火をつけることが出来るのも、使ってみるまで気が付きませんでした。これ、いいです。不動産屋さんが力説しただけのことはあります。今のところパスタを茹でたのはまだ数回ですが、スープをとったり、不動産屋さんが想像できなかったであろう、味噌汁を作る時にも大変重宝しています。
[PR]
by la-kat | 2007-10-26 15:23 |
ハロウィーン直前の散歩道にて
山火事の影響で、昨日まで空には紗がかかったようで、外に出しておいた車には灰が積もっていました。空気が悪いのでなるべく家の中にいるようにし、夜には簡単にできる鼻洗浄をし、すっきりしてから寝ました。

今日のケリーは機嫌がいいです。今朝は灰が降ってこなくなったので、久しぶりに散歩に行ってきました。予防注射が済んでいないココはお留守番です。
e0108198_741996.jpg

いつもの近所の幼稚園の前を通るとフェンスの向こうから「ハ~イ」と声を掛けられました。男児四人がピクニックテーブルでサンドイッチを食べていました。朝9時半だったので、遅い朝食なのかおやつなのか早弁なのかわかりません。ケリーについていろいろ質問され、自分の家にはラブラドールがいるとか、チワワを飼いたいとか、ハスキーはかっこいいとか犬談義に花が咲きました。気がつけば、幼稚園児の皆さんとの会話が成立しており、とても嬉しくなりました。なぜかというと、アメリカに来たばかりの頃、私の話すことを全く理解してくれなかったのが、この年頃の子供達だったからです。大人は日本語訛りの英語をなんとか分かろうとしてくれましたが、幼児は「この人、なに言ってんだかわかんない。」と容赦せず言ってくれたものです。

e0108198_73348.jpg気分を良くして歩いていると、家々のハロウィーンの飾りつけが目に付きます。車で走るとよく見えない部分が徒歩では見えてしまい、毎年この時期は、ぎょっとすることが多くあります。うちでは飾りつけは電飾系で楽しくするのですが、多くの家ではクモの巣を張り巡らし、巨大グモやコウモリなどをぶら下げ、足元にはR.I.P. と彫られた墓石を置き、ガイコツを転がしています。ドクロベエ様みたいのではなくて、大学の研究室にあるようなリアリティあふれる物で、今朝も軒下からガイコツをぶら下げている家の前でUターンして帰ってきました。

大人になってガイコツ嫌いは克服できましたが、あまりいい気持ちはしません。クモが苦手な人にも辛い季節です。苦手と言えば、にょろにょろ系が苦手は人はこの下の写真は見ない方がいいです(よっちゃん、注意してください)。庭の水撒き用の黒いホースをぐるぐる巻いた中に、ココがすっぽり入って寝てました。土鍋に入るネコほど丸まってなかったのですが、カメラを取りに行っている間に出てきてしまいました。ちょっと寝ぼけた表情を見せてます。最近、ココは脚が伸びてきたようです。上の写真でも分かるように耳も伸びてコッカーっぽくなりつつあります。



e0108198_732498.jpg

[PR]
by la-kat | 2007-10-25 15:28 | 年中行事
最近の二匹のマイブーム
今週はリクエストにお応えして動画ウィークにしようと試みましたが、なかなかいいビデオが撮れません。10月4日のエントリーの動画はまさに奇跡でした。編集なし、演技指導なしです。偶然デジカメのビデオ機能を使ってみたら、ケリーが動き出したのです。
e0108198_6423869.jpg
いざビデオを撮ろうとすると、うちの二匹はまったく動こうとしません。最近のケリーは一箇所にどっしりと腰をすえ、リスの観察をしています。このリスたちがケリーに見られていることを知ってか知らずか、犬たちが普段行くことのできない車庫の前を横断したり、チョロチョロ動き回るのです。最近太り気味のケリーが何十分でも座ったままで、ますます動かなくなりました。

ケリーを動かすには、やはりテニスボールしかないようです。久しぶりのケリーのジャンプ&キャッチを捉えました。



ケリーのそばにはココがいますが、これまたほふく前進に磨きがかかり、砂利を掘ってフェンスの下をくぐるようになりました。ミントの鉢植えを置いてみましたが、無意味です。この状況をなんとかせねばと現在考え中です。ココは面白がって何度も行ったりきたりするだけで、逃亡の危険性は今のところはありません。でも目が離せないので、可愛い子犬だけど、はやく大きくなってほしいです。(映像は上が往路、下が復路です。)






最後に昨日、ココはお掃除中のモップを追い掛け回し、咥えて果敢にも振り回そうとしていました。ケリーもクイックルに同じことをしていた時期があります。


[PR]
by la-kat | 2007-10-24 15:21 | コッカーの持ち物
もうすぐハロウィーン & マリブで山火事
砂漠から吹くサンタアナ・ウィンドのせいで、夏に逆戻りです。日曜日の朝、生暖かい風が吹き、なんとなくハワイのような天気でした。
e0108198_7154539.jpg
e0108198_7162699.jpg

e0108198_7164639.jpgもうすぐハロウィーンですが、そろそろ飾りつけでもしようかと、ハロウィーングッズの箱を取り出してきました。二匹ともボールに見えるのか、ジャック・オ・ランタンの電飾に興味津々です。今年はまだ小さいココにサルの着ぐるみを着せることにしました。ケリーにもコスプレさせたいのですが、この大きさになると体に合った衣装が売っていません。かと言って自分で作れるほど器用ではないので、ハロウィーン柄のバンダナを着けることにしました。夏のような暑さの中、ココはまるで写真館で七五三の記念撮影をぐずって嫌がる女児のようで、ろくに写真を撮らせてくれませんでした。かろうじて撮れたのがこれです。
e0108198_7174279.jpg
e0108198_7182485.jpg
暑いし、コッカーの耳は収まりが悪いため、頭の被り物が脱げてしまったので、すぐに中止しました。ハロウィーン当日までにココはこの衣装よりも大きく育ってしまいそうでもあります。

e0108198_718551.jpg強風とフィルターがかかったような太陽を見て、嫌な予感がしたのでTVを付けてみたら、数年前に某議員の学歴詐称問題で有名になった、マリブのペパーダイン大学付近での火災発生のニュースをしていました。ここはこの前アレックスの結婚披露宴をした家のすぐ側です。教会での結婚式の後、マリブの海岸付近でチャーターされたシャトルバスに乗り換え、披露宴会場である山の上の民家に移動したのですが、しばらく行くと道は舗装されておらず、車がすれ違うこともままならないほどの狭さになっており、緊急車両は通行不可だわ、と漠然と思いました。マリブ在住の知り合いによると、郵便配達も玄関まで来てもらえないので、20分ほど下り坂を歩いて郵便受けまで取りに行くそうです。

太平洋を一望できる、その家の庭からの眺めは見事でした。交通の便が悪くても毎年のように山火事があってもここに住みたい、と願う人が多いのがよくわかりました。でも「火事でお家が燃えてしまったらどうするんですか?」と聞かれても「また買えばいいよ」(by 小室氏)と答えられるような人しか住めないのだなとも納得しました。

アルを連れて日本に行ったのはもう四年も前になります(まあちゃんは会ったこと覚えてる?)。彼とビーチパーティーをしていると見知らぬ女の子達が彼を見にやってきたり、東京のオフィスに現れるとフロア中の女子の注目を集めたりするほどの彼が、結婚式当日、無精ひげで現れたのには驚かされました。なぜなのか、今度会った時に聞いてみようと思います。
[PR]
by LA-kat | 2007-10-22 15:26 | 年中行事
ココの動物病院デビュー
e0108198_9224353.jpg
今日の天気予報では最高気温が29℃で、秋の装いにはキツイです。部屋のエアコンを自動設定にしておいたら、午後から冷房が入りました。
e0108198_9225643.jpg

e0108198_9261011.jpg必然的に動物好きが集まる場所なので当然なのですが、昨日の動物病院デビューでは、ココは受付のオネエさんから待合室の飼い主さん達、獣医さん達まで、みんなに可愛がられていました。グレートデーンを連れたマッチョな兄さんまでが(もちろん英語で)「パピちゃん、かわいいでちゅねー。」と赤ちゃん言葉で話しかけていたのが面白いです。ココが静かにしているので、飼い主の皆さんたちは心配そうに、「この子、どこか悪いの?」と聞いてきました。「ただ眠いだけです。」と答えると、皆さん同じようにデレデレになってココを撫でてくれました。

e0108198_9232342.jpg
ココを注射のために奥の処置室に連れて行ったインターンのおねえさん先生がなかなか戻らないので、次の約束に間に合うか心配していたところ、「あんまりカワイイから、スタッフの皆が挨拶したがって遅くなりました。ごめんなさい。」と言いながらココを抱きかかえて戻ってきました。若い女の子が子犬を抱いている姿が、あまりにもキュートだったので「ココも先生もとても可愛いですよ。」と思わず言ってしまいました。相乗効果でしょうか、ココはいつもより女の子っぽく見えました。
e0108198_923625.jpg
さて、一人留守番をしていたケリーですが、期待していた出迎えの反応を見ることができませんでした。遅刻した私を家の前で待っていた人たちと一緒に中に入ったので、ケリーは私を完全無視し、お客様に愛想を振りまいていました。それでも落ち着くと、私の足元とココを嗅ぎ回っていました。ココは一度にたくさんの人たちに会って疲れたのか、自らサークルに入り、横になってこちらをチラチラ見ていました。

e0108198_9532728.jpg動物病院でのココはとても落ち着いていて、よい子でした。ケリーの時は、診察台の上でもチョロチョロ動き回り、大変だったのを覚えています。体温を測られた時には本気で怒って、夫の手に噛み付きそうになりました(ラスティは体温計を壊したことがあります)。今日も、人が来てもサークルの中で大人しく尻尾を振るココとは違って、ケリーは吠えて跳ねて熱烈歓迎してました。ある意味、ケリーの方がずっとコドモです。
[PR]
by la-kat | 2007-10-19 17:57 | お出かけ
ココをシャンプーしてみました
e0108198_7562123.jpgココは明日、動物病院での注射を控えています。そこで無謀にも自分一人でシャンプーしてみることにしました。最後にケリーを洗った時に、夫を泣かせてしまった過去を持つ私が犬を洗うのは一年半ぶりです。乾かし方が不十分だった為、胸元の毛がフェルトのようになってしまい、グルーマーさんにケリーをマルガリータにされてしまったのです。ココはまだ毛が短いし、小さいから大丈夫と、軽い気持ちで臨みました。ココの為に揃えた子犬用のシャンプーとコンディショナーとタオルも十分用意しました。

e0108198_8552615.jpgしかし思った以上に大変で、自分もびしょぬれになるとは考えも及びませんでした。BA-KAです。ひゅんひゅん鳴く姿を見てかわいそうと思いつつ、嫌がるココをかるーく押さえつけて一気に洗いました。リンスの頃には、心配そうな顔をしたケリーが覗きに来ました。この時すでに、ドライヤーを使うのは難しいな、あっ、延長コード忘れた、と気がつきましたが、時すでに遅し。一応、ケリーにドア付近に陣取ってもらい、ココに逃げられる前に、遊んでいるふりをしてタオルドライしました。一呼吸置いて、ドライヤーを微風にしてかけてみたら、あら不思議、大人しくしています。それでも体力を消耗しているので、耳が半乾き状態で止めました。

e0108198_8365040.jpg

e0108198_8353880.jpgブラッシングされるのが大嫌いなケリーも構ってもらいたいのか、側に寄ってきました。ココに飛びつかれても珍しく嫌がりません。ココはブラシをおもちゃだと思ったようで、遊び始めました。本当はいけないんだけど、私もくたびれてしまい面倒になって、その時だけ許しました。こういうのが犬の躾に宜しくないとはわかってます、すみません。今度からちゃんとします。明日は初めてココだけ連れての外出です。ケリーが拗ねる姿が今から想像できます。

[PR]
by la-kat | 2007-10-17 16:58 | コッカーの持ち物
クローゼット完成
今日は早朝から霧が濃いと思ったら、昼前に雨になりました。犬達は家の中で退屈していましたが、午後になり雨が上がり、外に出て追いかけっこを始めました。
e0108198_9115654.jpg
e0108198_9123626.jpg

e0108198_913535.jpg仲良く遊ぶ、と言う程ではないですが、ケリーはよくココの相手をするようになりました。尻尾を振りながら怒っています。尻尾というよりもお尻を振っている感じです。でも同時にケリーは最近、ココに噛み付くのではないかとハラハラするほどの距離まで顔を近づけて吠え立てるようになりました。それでもココは怯えることなく、ほふく前進を続けています。ココは今週で生後12週間になります。だいぶ大きくなりました。

丁度、七週間前から業者さんが入ったクローゼット作成の工事が終わりました。長かったです。オレンジ・カウンティーから交通渋滞を避けて通ってくる人達が、朝の10時から夜の7時半まで作業していたので、週に四日はヒッキー生活を送らざるを得ませんでした。当初の説明では業者さんの工房で部品を作り、e0108198_914472.jpgそれをうちに持ってきて組み立てるということだったので、すぐに出来上がると思っていました。しかし実際に工事が始まると、アバウトな人達によるありえないほどの寸法違いや連絡ミスが発覚、うちの玄関前に材料と電動ノコギリが持ち込まれ、やり直しの連続で、そろそろ私達の我慢の限界に達しようとしていました。

スペックを夫が決め、それを元にデザインを起こし、作業を開始したのが八月の初めです。完成した物を見ても、上のガラス戸の部分にはハンドバッグを並べ、下の部分には靴を入れるのはわかるけど、こんなに小さい引き出しばかり、いったい何を入れるんだったかしら?とよく覚えていません。

e0108198_9244573.jpg実際、クローゼット作成に張り切って携わっていたのは私よりも夫の方です。プランナーの人が驚いていましたが、夫の方が衣装持ちなので、当然のことながら夫用のスペースを大きくとりました。これに関しては全く問題はありません。自分で着飾るよりも、夫を着せ替え人形代わりにすることが楽しいからです。これではいけないと思いつつ、パピーの世話もあるし、夫が気に入っているのをいいことに今日もヨガパンツをはいております。
[PR]
by la-kat | 2007-10-15 17:20 |
アメリカン・アイドル・リワインド
昨夜は二週間ぶりに雨が降りましたが、今日は良いお天気です。犬達は脚をびっしょりぬらして走り回っています。ココはケリーの後を付いてばかりいます。
e0108198_829952.jpg

e0108198_8293127.jpg昨夜、ココが面白い格好で寝ていました。アゴを突き上げてキツネみたいな顔をしています。二週間前にうちに来た時から、この格好をしていました。辛そうに見えますが、よく寝ています。ケリーは夫の隣で嬉しそうにしています。私がカメラを取りに行った隙に、ちゃっかり私の席に座っていました。

e0108198_8294753.jpgいつもこうして床に座ってテレビを見ているのですが、秋から新しいシーズンが始まり、見なくてはならない番組がどんどん Tivo にたまっています。二人で一緒に見ているのはニュース番組の他に、風林火山、サバイバー、リメイク版バイオニック・ウーマン(バイオニック・ジェミー)ぐらいで、それぞれ好みの番組(主にドラマ)を見ています。そろそろアメージング・レースが見たい時期です。

フードネットワークHGTVの番組には夫は興味を持たないようで、私一人でしか見ません。アメリカン・アイドルの再放送は見ていて呆れられます。でも先々週の土曜日から始まった「アメリカン・アイドル・リワインド・シーズン2」は一緒に見てくれました。丸ごと再放送ではなく、本放送を編集したこの番組は今日で三回目の放送ですが、シーズン2はクレイ・エイケンが出場した年で、この番組ではダイジェスト版と出場者の最新インタビューが見られます。

これまでの放送ではクレイは番組のナレーターをしているだけでしたが、テレビ初出演シーンは今日放送の予定で、あのひょろひょろキモカワ系のクレイは見逃せません。バックパックを背負わせて両手に紙袋を持たせて秋葉原駅前に放り出しても馴染んでしまうようなアキバ系アメリカ人のクレイは、歌はポップスター系ではないものの抜群に上手でした。誰が次に落とされるか番組のネタバレはされているけれど、また新鮮に楽しめそうです。
[PR]
by la-kat | 2007-10-13 16:31 | テレビ・映画