「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
京都に来た、見た、食べた
e0108198_15294126.jpg昨日の夕方の散歩でのケリーとココ。まるでそりを引く犬のように、二頭立てでぐいぐい走ります。私一人で散歩の時は、写真どころではないのですが、この時は前に回ってパチリ。ピントが合ってませんが、雰囲気は出ています。どうしても自分達が先に行きたい二匹は、少し休憩しただけで、ぐんぐん走ります。
e0108198_1530231.jpg
e0108198_15305090.jpg

e0108198_15313144.jpg今朝は夏に注文した、庭用の椅子が届きました。今年の夏には間に合わないと始めから分かっていましたが、まさかこんなに時間がかかると思いませんでした。今日は確認のために、置いてみただけで、この後、すぐに家の中に入れました。

e0108198_1532162.jpgケリーとココも新しい椅子が気になって、しばらくチェックを入れていました。飛び乗ってしまうのではないかとハラハラしましたが、今日のところは無事です。年が明けてから、使い始めるつもりです。

e0108198_1533262.jpg先日の旅行の写真を整理しています。なんでも写真に収めるという作業をしていたせいで、凄い量になっています。ちょっと気になったものだけ、載せます。

京都では和風コンテンポラリーなホテルに泊まりました。一番気に入ったのが、洗面台に置かれていた拡大鏡です。場所を取らない形で、とてもスタイリッシュに見えました。

e0108198_15334114.jpgアメニティは、ロゴがカワイイ 「京都ちどりや」の自然化粧品です。この他に石鹸もありました。なぜか原産国が、アメリカ合衆国です。清水寺からの帰り、お店の前を通りかかりました。入ればよかったと少々後悔しました。

e0108198_15343839.jpge0108198_15352254.jpg部屋に備え付けのお茶碗もさすが京都と思いました。 ルームサービスで頼んだコーヒーのお盆には、小さな苔鉢が乗っていました。こういうところが、なんだか嬉しいです。

e0108198_15365142.jpgホテルのレストランの窓際の席から見える中庭です。朝はまた雰囲気が違っていて、とても気持ちが良いです。京都の朝は早いです。近くの寺の鐘が五時半に鳴り響き、通りには車が走っていました。アイマスクと耳栓を持っていてよかったです。

e0108198_15372962.jpgチェックインの時に部屋にあった、ウェルカムギフトです。チョコレートはどれも美味しくて、毎日少しずつ食べていました。久しぶりに食べた本物の巨峰は、さすがにカリフォルニア産の KYOHO とは、格の違う美味しさです。

e0108198_15382344.jpg巨峰をもう一度。お寿司屋さんで、おまかせコースの最後に出てきた、巨峰の絞りたてジュースとメロンのシャーベットです。巨峰のジュースは初めてでしたが、コクがあってとても美味しかったです。ホテルのコンシェルジュから勧めてもらった、京都駅近くのお寿司屋さんでは、とてもワガママな私達の注文にも応じていただき、秋の味覚を大いに楽しみました。

e0108198_15385963.jpge0108198_15392549.jpg清水寺に向う途中、産寧坂のお店でピザとパスタのお昼にしました。せめて京都らしい物をと思い、水菜の乗った、明太子とホタテのパスタを頼みました。デザートのティラミスも美味しく、ついのんびりしてしまいました。とても気持ちの良いお店でした。

e0108198_1540565.jpgそろそろ動物が恋しいと思っていた頃、伏見稲荷の駅前でネコに会いました。人懐っこいネコちゃんで、夫のバックパックにちょっかいを出しています。夫がいつもウチの犬たちにするように 「NO!」と言っていましたが、この子には通じません。

e0108198_15404954.jpge0108198_15412242.jpg写真を撮っていたら、このネコちゃん、私のひざに飛び乗ってきました。なんだか嬉しくてしばらく遊んでしまいました。伏見稲荷の中でも四匹のネコを見ました。ネコを撮るのは、犬以上に難しいです。ネコの写真はこれが最初で最後のようです。
[PR]
by LA-kat | 2009-11-23 22:55 | お出かけ | Comments(0)
京都で 「芸妓&舞妓ディナー」
e0108198_958286.jpg火曜日の夜、ソファにひっくり返っているココ。一年前の今頃は、ずっとおしとやかに寝ていたのに。これも成長したということなのかもしれません。

今日のココは夫が家にいるせいか、とても機嫌がよく見えます。

e0108198_9585063.jpg
昼前、夫がソファに座ると、すかさずココが飛び乗り、出遅れたケリーが後に続きます。窮屈そうですが、二匹ともこの体勢で、しばらくいました。

e0108198_959468.jpg今日もケリーの写真はいまひとつ可愛くないので、無しです。どうやら顔廻りのトリミングのせいのような気がします。マズルがもこもこしていると、ぼんやりした表情になります。明日、自分ではさみを使ってみようかと思います。

e0108198_1003141.jpg旅行の話を続けます。箱根を後に、小田原から新幹線に乗って、京都に向いました。久しぶりの小田原駅はすっかり様子が変わっていましたが、鈴廣のかまぼこは目立っていて、やはり素通りはできません。新幹線の中でも食べられる、ひとくちサイズのチーズ入りかまぼこを買いました。ロサンゼルスの日系スーパーでも鈴廣の製品の一部は買えますが、新鮮なかまぼこはとても美味しくて、一度にたくさん食べすぎました。

e0108198_1012182.jpg京都一日目の夜は、宿泊先での「芸妓&舞妓ディナー」でした。ホテルのサイトで見つけたこの企画は、テーブル席でのディナーに芸妓さんと舞妓さんが来てくれるという期間限定のものです。値段を見たら、普通にお座敷に芸者さんを呼ぶような数字ではなく、これならOKだったので出発前に予約を入れました。

東京から出張で来ていたビジネスマンのグループや、海外の新聞記者さんもいて、ハーフのお兄さんによる日本語と英語の説明がありました。新聞記者の方が写真撮りまくり、ビデオ回しっぱなしだったので、私も便乗して写真をたくさん撮らせていただきました。

e0108198_1022349.jpge0108198_1025790.jpg
e0108198_1033970.jpgだらりの帯の舞妓ちゃん、かわいくて見とれてしまいました。本物の舞妓さんとお話できるなんて、それだけでも感激しましたが、プロのカメラマンによる写真撮影もあり、よい記念になりました。舞妓さんは自毛で髪を結っており、昼間も薄化粧に着物でいるそうです。昼間、祇園あたりで見かける舞妓さんの格好をしている人たちは、本物ではないとのこと。実際、この翌日、祇園を歩いていたら、着物姿に日本髪で薄化粧の女性がいて、この人は本物なのだとわかりました。同じく、白塗りの舞妓さんの格好をした女性四人組も見かけました。なるほど、と納得しました。

e0108198_1044861.jpg唄、三味線担当の芸妓さんの声がすばらしく、感動しました。座ったままなのに声が良く出る、と夫も驚いていました。この芸妓さんの仕切りで、お座敷遊びを体験できました。舞妓さんと勝負して、勝っても負けても、自分がお酒を飲むというものです。リズム感と反射神経が鍵となる「金比羅ふねふね」と、トラが出てくるジェスチャーでじゃんけんの二つでした。

興味深かったのは、舞妓さんの履物は「ぽっくり」だと思っていたのに、この日はぞうりを履いていたことです。芸妓さんに聞いてみたら、「おこぼ」(京都での「ぽっくり」の呼び方)は下駄なので、ちゃんとしたホテルの中には相応しくないとのことでした。でも舞妓さん姿のイメージならば写真撮影の時は履き替えるのもいい案、参考にします、と仰っていました。いろいろ勉強になったし、料理もデザートも美味しくて、大満足でした。

e0108198_1053364.jpge0108198_106854.jpg
おまけ:  京都のスターバックスで見つけた、地域限定販売のご当地タンブラーです。ここにも舞妓さんがいます。

[PR]
by LA-kat | 2009-11-19 17:14 | お出かけ | Comments(4)
犬も泊まれる、ご飯が美味しい箱根のホテル
e0108198_950565.jpg昼と夜の気温の差が大きくなってきました。暖房は必要ないですが、試しにつけてみました。いつ寒くなっても大丈夫です。気のせいかもしれませんが、ココの鼻の色が薄くなっています。元々、真っ黒な鼻ではないですが、色が変わったように思います。

e0108198_9515177.jpg

e0108198_9522382.jpg最近、カラスがウチの庭で集会をしているようで、犬たちが怒っています。匂いを嗅ぎ回って、下ばかり見ている写真しか撮れません。

あいかわらずケリーはヤル気なしです。いい写真が撮れないので、箱根の話を続けます。

e0108198_9544544.jpg今回泊まったホテルは外資系でありながら、部屋には温泉饅頭、館内を歩く時専用の浴衣と丹前、つっかけが完備されていました。温泉やスパ・トリートメントに行く時以外にも、浴衣と丹前姿でダイニングルームに行けることに、ちょっと驚きました。でもスタッフの方々の制服が、作務衣をアレンジしたような、ゆったりした物なので、宿泊客が場違いな気分にならないようになってます。

e0108198_9552793.jpgダイニングルームはオープンキッチンで、照明やパーティションに工夫が見られるオシャレな空間でした。一日だけフレンチダイニングで夕食をとりましたが、厨房の様子がよく見える席を用意してもらえました。
e0108198_9561056.jpgこの日は昼に鴨せいろを食べたのですが、鴨肉を食べ足りないと感じたので、メインディッシュも鴨肉のローストにしました。前菜に頼んだ野菜のグリルに、レモンと岩塩が添えられていて、これをおろし金でガリガリするのが面白かったです。

このホテルで一番気に入ったのは、朝ご飯です。和食膳か洋食ビュッフェを選べます。普段、朝はヨーグルトとフルーツぐらいしか食べないのですが、目の前に並んでいるとつい食べてしまいました。卵はスクランブルエッグとゆで卵の他に、好みの卵料理を作ってくれます。マッシュルームを入れた白身だけのホワイトオムレツ、という注文にも快く応じていただけました。

e0108198_95797.jpg二日目の朝食。フルーツ盛り合わせとヨーグルトに豆乳とコーヒー。いろいろ乗せまくったプレート、写真左上から時計回り:ナッツとドライフルーツを焼き込んだパン二種、スモークサーモン、ブロッコリー、ゴボウサラダ、トマト数種、スクランブルエッグ、チーズ。

e0108198_9573741.jpgまた来たいホテルとなりました。犬種や大きさなど条件はありますが、犬も宿泊可能な「ドッグ フレンドリー ルーム」も備えられています。ホテル内には、犬連れ専用の通路もあるそうです。ウチの場合は無理だけど、車で来れるなら、ワンちゃんも一緒に箱根に行けます。
[PR]
by LA-kat | 2009-11-16 17:03 | お出かけ | Comments(4)
ちょっと箱根旧街道を歩いてみました
e0108198_10112342.jpg今日のケリーとココは、ダラダラしています。リスかシカが現れないと、声をかけてもこちらを見ません。留守番をされられたことに怒っているのか、あるいは楽しいペットホテルライフを懐かしんでいるのかわかりませんが、愛想がないです。

写真を撮ろうとしても、知らん顔です。ココは逆に私の方に寄って来てしまい、なかなか写真を撮らせてくれません。
e0108198_10122251.jpg

二匹を並べてポーズを決めさせようとしても、全然ダメです。
e0108198_10133370.jpg

くやしいですが、おやつを見せたらカメラを見てくれました。実際、犬たちが見ているのは、おやつです。
e0108198_10145274.jpg

今日は天気予報では小雨ということでしたが、午前中は陽が射しています。午後四時前から、曇り始めました。雨は先日、箱根で遭ったので、しばらくは乾燥していてもいいです。

e0108198_10154897.jpg日本に到着した翌朝、朝食にはいつも楽しみにしている、ベーカリーのパンの盛り合わせを食べました。この時点ですでに、普段とは違う食生活に突入です。ジャムも美味しくて全種類食べたくなってしまい、制覇しました。
新宿から小田急ロマンスカーに乗って箱根に向いました。ホテルにチェックインの後は、外出せずに館内を探検しました。次の日は雨にも関わらず、計画通り、箱根を一周しました。夫は「箱根八里は馬でも越すが…」という唄を日本語読本で読んで以来、今度箱根に行く時には江戸時代の旅人に想いを馳せ、旧街道を歩いてみたい、と願っていました。e0108198_10175260.jpg一部なら歩いてもいいと思い、箱根湯本からバスに乗り、「見晴らし茶屋」で降りて、芦ノ湖を目指して歩きはじめました。こんな雨の日にこんなことしているのは私達ぐらいと思いきや、すれ違う人たちの多さに唖然としました。「こんにちは~」と挨拶しながら石畳を登っていく感じは、なんとか山ハイキングコースと一緒です。

e0108198_10185014.jpg歩き始めてすぐに、江戸時代からある「甘酒茶屋」に着いてしまい、あまり疲れていませんでしたが、休憩することにしました。甘酒を飲むことを目的にタクシーで乗りつける人たちがいたり、休むというよりもイベント的な感じの一行もいて、なかなか面白かったです。

途中、追いはぎに遭うんじゃないか、イノシシに出くわすんじゃないかと心配しつつ、見ることができたのは、栄養状態がすごく良いのか、丸々太った長さ30センチ以上のミミズだけでした。ハイキングブーツを履いてくるべきだったと後悔し、とにかく転びませんように、と注意して降りてきました。

e0108198_10194660.jpge0108198_10201215.jpg湖畔の蕎麦屋に入り、夫に江戸時代の旅人気分を味わえたか聞くと、「全然っ!」という返事でした。

e0108198_10205489.jpgこの後、小学四年生の時のバス遠足の時からいつも避けてきた芦ノ湖の海賊船に初乗船、ロープーウェイ、ケーブルカーを乗り継ぎ、宿泊先に戻り、温泉に向いました。雨天決行でしたが、美味しい物も食べられたし、記憶に残る旅となりました。

e0108198_10214633.jpgおまけ:  箱根登山鉄道では、最前列に座れました。いつの間にか隣にやってきた鉄道マニアの不思議なお兄さんが、すべての看板を音読し、運転手さんの様子を実況してくれていました。合間に「温泉入った」「のりピー保釈」とか口走っていたのがキョーレツでした。
[PR]
by LA-kat | 2009-11-12 17:32 | お出かけ | Comments(6)
やっぱり美味しい日本のおやつ 犬用
e0108198_13431178.jpgお休みから戻ってきました。出発の日、荷造りする私の様子を見て、全てを察していたのか、ケリーは車の中でもご機嫌でした。

一方、普段から車嫌いなココは、この日も眉間に縦皺です。

e0108198_13435084.jpgこの後、緊張のあまり、ペットホテルに着いたとたんにアクシデント発生で、大いに慌てさせられました。

ペットホテルでは毎日、他のワンちゃんたちと遊んだせいか、二匹とも体重に変化は見られません。

e0108198_13442797.jpg
昨夜は時差ぼけの飼い主に付き合って、へんな時間に起きていたケリーとココ。ちょっとボーっとしています。

e0108198_13452077.jpgココの体重は変わっていませんが、よく見ると、いつの間にか、首周りにドーナツが!ドーナツ同盟の準会員扱いだったのに、じゅうぶんりっぱなドーナツ持ちになってます。5%増量で帰ってきた私と一緒に、ダイエットです。
いつもの事ですが、戻ってきた日には成田到着の時の服が入らなくなるほど、美味しい物を食べすぎて太ってしまいました。これだけ短期間に一気に太れるのは物理的にあり得ないと、不思議がられています。

e0108198_13481581.jpg今回の旅行では、まだ太り始める前、成田到着の直後、ブログを通じてお友達になったアイドルコッカー、べティちゃんのご両親、betty315mami さんご夫妻にお会いする機会に恵まれ、楽しい時間を過ごしました。わざわざ宿泊先まで来ていただき、べティちゃんからはケリーとココに「たい焼き」を頂きました。

犬たちに食べさせる前に私が試してみたくなるほど、とてもいい匂いがします。ウチのアメリカンサイズのアメリカン・コッカーが、日本の上品なおやつを食べるのは初めてです。

さすが、食いつきが違います。ケリーもココも真剣そのものです。
e0108198_13494985.jpg

仲良く分けて、美味しくいただきました。大満足です!
e0108198_1351417.jpg

[PR]
by LA-kat | 2009-11-09 20:54 | コッカーの持ち物 | Comments(8)