<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ココ、五歳になる
e0108198_8404712.jpgオリンピックが始まり、毎度のことですが、ネタバレを避けるためネットから遠ざかっていました。今日は朝から裏のお宅のスプリンクラーが誤動作しているらしく、パティオ周辺が水浸しになりつつあります。ケリーを連れて車でメモを残しに行ってきましたが、夕方まではこのままのようです。

e0108198_8411037.jpg

e0108198_8415192.jpgココは先週の火曜日に抜糸に行ってきました。傷跡の回復は順調で、これで一週間後の検査までは病院に行かなくて済むはずでした。しかし最後の抗生物質を飲ませた三日後にまた症状が現れ、投薬生活に戻りました。しばらく病院通いと検査は続きそうです。

e0108198_8421046.jpg今回もケリーが一緒に付いてきました。待合室ではオスのコッカーもいて、コッカーまみれになりました。改めて、我が家の二匹は規格外の大きさと思い知らされました。

この日は今まで七年間診てもらっていた主治医が別の病院に移ると聞き、皆でショックを受けました。ラスティも診てもらった先生ですが、毎日二時間の通勤が五分に短縮される場所への就職ということで、先生に付いて行くことは無理のようです。よく七年間も通ってくれていたと先生には感謝しています。

e0108198_8424513.jpgこの週末にはココを久しぶりのヘアカットに連れていきました。そして数日遅れで誕生日のお祝いをしました。ケリーがやきもちを焼く中、去年は一時帰国中で一緒に過ごせなかったので今年こそはとケーキを用意して、いつも通りに同じような写真を撮りました。来年こそは変化をつけたいです。

[PR]
by LA-kat | 2012-07-31 08:46
ココ、順調に回復中
e0108198_4564684.jpg今年の七月の気温は平年よりもずっと低く、過ごしやすい毎日が続いています。朝は寒いぐらいで、庭に出る前にパーカーを羽織るほどです。それでも日差しは強く、庭のあじさいがかわいそうなことになっています。部屋の中に飾るのには悲しいほど、半分ほどドライフラワーになってしまっているものもあります。

e0108198_457828.jpgご心配をおかけしましたが、ココは順調に回復しています。後姿はちょっと情けないけれど、なんとかなりそうです。痛み止めのパッチは手術から四日後に外しました。今朝、主治医と電話で話をしたところ、痛み止めの飲み薬ももう与えなくてもよいと言われ、今日からお薬は二種類になりました。

e0108198_4572997.jpg病院からはエリザベスカラーの他に、三種類の薬とその取り扱い説明書など、プレゼン資料のような書類を渡されてきました。領収書の項目は35もあり、こと細かに記されています。一週間後に抜糸ですが、それまではカラーを着ける様に言われていますが、ココは嫌がらず言うことを聞いています。

e0108198_4574913.jpgおだてに乗りやすい犬で、エリザベスカラーを着ける時、「あーらココちゃん、かわいぃ~、とても似合うわよ~」と言うと、まんざらでもない顔をします。そうするとケリーが何ですって?と慌てて飛んできます。最近、ココにかかりきりなので、ケリーは面白くないようです。

e0108198_45881.jpg

[PR]
by LA-kat | 2012-07-16 13:00 | コッカーの持ち物
ココ、試練の日 再び
今朝は久しぶりに朝から日差しが眩しく、気温が上がりそうな予感がしました。昼過ぎまで陽が当たらない日が続いていたので、今日は久しぶりの写真を撮るチャンスと思い、ケリーとココをせかして庭に出ましたが、なぜか二匹ともノリが悪いです。
e0108198_10185523.jpg

e0108198_1019935.jpg連休が終わりました。今年の独立記念日は水曜日だったので、木、金と休みを取り、アメリカでは珍しい五連休となった人々が多くいました。我が家は例外で、夫は今週から休みに入っています。連休前の慌しい時にココの病気が再発しました。この三ヶ月で三回目です(具体的な話はこちらへ)。今まで散々、レントゲンや超音波検査などしてきましたが、次のステップに行かざるを得なくなりました。徹底的な検査のために麻酔をかけるので、今朝のココは食事抜きです。ケリーと私は30分早起きをして朝食をとりました。もちろんココにはバレていたと思います。

e0108198_10195157.jpg午前中に病院に連れてくるように言われ、皆で一緒に行きました。待合室で必要以上にナーバスになり、ハアハア大騒ぎをしていたのはケリーです。ココを預けた帰り道、海岸近くの公園に散歩に行きました。連休明けの月曜日の朝なのに、人も犬も多いです。

午後に病院から電話があり、cystoscopy での検査結果は異常なしということで、次の手段として外科手術を行うことになりました。いわゆるフェイスリフトのような手順で、太りすぎでたるんだ皮膚を持ち上げて清潔に保ちやすくするため、予防につながるそうです。手術の後、ココはエリザベスカラーをつけて、お尻が剃られた変な犬になって帰ってきます。当分、カワイイ写真は撮れないと思いますが、明日の午後、無事に帰ってくることを祈りつつ、ココの好物のキャベツを用意して待っています。
e0108198_10202541.jpg

[PR]
by LA-kat | 2012-07-09 18:21 | コッカーの持ち物