タグ:スイーツ ( 69 ) タグの人気記事
ミニサイズのパネトーネ
あっという間に月曜日です。犬達は夫が家にいる週末に備え、金曜日の夕方、二匹揃って居間のソファーで寝ていました。私も昼寝をしたいけど、ペンキ塗りが終わるまで無理です。
e0108198_824746.jpg

e0108198_8143395.jpg12月になってしまったのに、まだクリスマス・モードのスイッチが入りません。それでも街に出れば、店頭に並んだクリスマス関連の物をつい買ってみたくなります。この時期になるとイタリアから輸入されたクリスマスのパン菓子も目につきます。レーズンとオレンジピールが焼きこんであるパネトーネは私好みの味なのですが、なかなか買う勇気が出ません。重さが1キログラムぐらいあるドーム型で、食べ切れそうにないのですが、先週、ミニサイズの物を見つけたので嬉しくなって買ってきました。

e0108198_891851.jpgペパーミントのキャンディーを入れたガラスの入れ物と、何年か前に家族と友人向けに送ったクリスマスカードと一緒にキッチンに置き、無理やりクリスマスの雰囲気を出しました。サンタさんの上着のポケットに入っているゴールデンレトリーバーの子犬は何度見ても飽きません。この右隣には今年用のクリスマスカードを山積みにし、まだカード書きに執りかかることのできない自分にプレッシャーをかけております。ミニサイズのパネトーネはマフィンぐらいの大きさで、パッケージの写真と比べるとレーズンの量が明らかに違うのですが、思ったよりも軽い口当たりで一気に食べてしまいました。大きいのも買ってみようかなと密かに計画中です。
[PR]
by la-kat | 2007-12-03 15:50 | | Comments(0)
家の中だけハロウィーン
ココがめきめきと大きくなっています。耳も脚も胴体も伸びていますが、体の幅や頭の鉢はあまり変わりません。
e0108198_4153443.jpg

ケリーの後についていたココが、今では一緒に並んで歩いています。
e0108198_415777.jpg

e0108198_4285728.jpg昨日は二匹とも三週間に一度のグルーミングに行ってきました。ココはシャンプーと爪きりだけでしたが、ケリーはヘアカットをしてもらい、頭のツンツンをペッタンコにされてしまいました。なんだかぼさぼさです。おまけに思いっきりパピーカットで若返りました。昨日はお店がとても混んでいたので、どうしてなのか聞いてみたところ、ホリデーだから、との答えが返ってきました。飼い主の皆さんの考えることは同じで、ハロウィーンに備えて犬もキレイにするようです。
e0108198_415482.jpg

e0108198_6165438.jpg新しい家に引越しして初めてのハロウィーンですが、今年は外の飾りつけをやめました。うちは道路から玄関までスロープがあり、どう考えても小さなお子さんがピンポン鳴らして歩いて上ってきたり、親が車で知らない家に乗り入れてくるとも思えません。思い切って夫に今年は無しでも良いかと聞いてみたところ、何もしなくてもいいと言ってくれました。中学の英語の教科書に載っていたような、お菓子をくれない家は仕返しをされるということはありません。ベイエリアでもそうでしたが、徒歩ではなく親が車を運転し、飾りつけをしている家を見つけたら親と共に車を降りてキャンディーをもらいに行くというやり方が一般的で、何もしていない家には子供たちは来ないそうです。今までは玄関でハロウィーンの格好をした犬たちと子供たちを迎え入れるというパターンでしたが、ココは予想以上に育ちすぎておサルさんの衣装に入らなくなってしまったし(先週、写真撮っといてよかった)ちょっとホッとしています。

e0108198_6175721.jpg家の中の家具もまだ揃っていないので飾り付けどころではないのですが、一応、引越しの時に荷物から出てきた、懐かしのカボチャクッションを飾ってみました。緑のカボチャは、当時住んでいた家の居間の壁紙の色に合わせて作った物ですが、この家の中にも居場所が見つかりそうです。

e0108198_6182818.jpg毎年ハロウィーンから感謝祭までの間、ダイニングテーブルの中央にカボチャを飾ります。ダイニングテーブルは現在、家具選びの資料や生地のサンプルなどの置き場になっているので、カボチャの盛り合わせはキッチンに置きました。

e0108198_6185582.jpg
ガラスの器に入っているトウモロコシの粒をかたどったキャンディーは、夫が子供の頃に一番好きだったキャンディー・コーンです。アメリカ的な甘さのやわらかいキャンディは一度に二個食べれば十分ですが、夫は夕食後、デザートと称して五個は食べてます。一年中売っている物ですが、多くの家庭同様、うちでもハロウィーンの季節物です。
[PR]
by la-kat | 2007-10-29 15:20 | 年中行事 | Comments(2)
ときどき食べたくなる干菓子
今朝、夫が新聞を読みながら「イチローは七年連続出場だ!」と嬉しそうに言うので、何かと見てみたら、MLBのオールスター戦の話でした。知りませんでしたが真夏の祭典のはずのオールスター戦は今夜だそうで、そうとは思えないほど今日も肌寒い朝を迎えました。さっそく夕方5時からの放送をTIVOで録画を予約しました。
e0108198_8543722.jpg
今日は朝から家を出たり入ったり大忙しです。ようやく3時を過ぎてケリーとボール遊びができました。アガパンサスが見事に咲いています。

e0108198_995030.jpgしばらく遊んで、そろそろお茶が飲みたいなと思い、ケリーにクッキー食べる?と聞いてみました。目が輝きました。

ケリーにはドッグビスケットを与え、私は濃い目に緑茶を入れ、二人静をゆっくり味わうことにしました。今日みたいな天気の日は、コーヒーや紅茶よりも、なぜか和風の方が落ち着きます。うちではこの二人静、自慢ではないですが切らしたことがありません。甘い物がそれほど好きではない夫もたまに食べています。e0108198_962193.jpg里帰りの時には必ずデパ地下に寄って買ってきますし、日本に一時帰国する人から「お土産何がいい?」と聞かれると、日持ちして軽くてかさばらないこの干菓子をお願いしています。ケリーも興味を示してクンクン寄ってきますが、絶対にあげません。
[PR]
by LA-kat | 2007-07-10 17:17 | | Comments(0)
暑さからチョコレートを守るケーキスタンド
e0108198_545652.jpg月曜日からいきなり真夏です。気温が30℃を超えていますが、風が吹いているので、なんとかしのげます。昨日は暑さの上に、ハリウッドの有名な大看板のあるグリフィス・パークで山火事があり、夜になっても気温が下がらず、今年初めてクーラーを使いました。裏のお宅からは、子供達がプールで泳いでいる音が聞こえました。この暑さでダイニングテーブルの上に置いてあったチョコレートが溶けました。

ケリーはサマーカットにしてもらったので、見た目が涼しそうです。ヘアカットですっかり小顔になりました。うらやましい。
e0108198_552184.jpg

e0108198_3451595.jpg今年に入ってから、キッチンのカウンターに常駐しているのが、甘い物を乗せたケーキスタンドです。ガラスのシンプルなデザインです。やらないけど、ケーキスタンドを逆さまに置き、その上に逆さまにした蓋をおくと、パンチボウルに早変わりだそうです。

e0108198_344453.jpg蓋が重いので、食べ過ぎる心配はないです。眺めているだけの日もあり、そんな日は誘惑に打ち勝った私えらい、とまで思います。今、乗せてあるのは、Cocoa Bon のチョコレート、豊島屋の小鳩豆楽と松ぼっくり、あと残り一つのクイーン・アリスのオランジェットです。

e0108198_345150.jpg蓋のおかげか、チョコレートは溶けていません。まだ残っていた黒砂糖の松ぼっくりは、日本の300円ショップで見つけたお皿に乗せました。二つで300円です。このぐらいの大きさの食器はアメリカではなかなか見つからないので、嬉しくなってすぐに飛びつきました。
[PR]
by la-kat | 2007-05-09 13:27 | | Comments(0)
復活祭の飾り コマドリの巣
e0108198_315244.jpg昨夜のケリー。私達が食後にテレビを見ている間、居間のソファーの上で寝ていました。ソファーのクッションをきちんと整えたばかりなのに、自分で踏んで居心地の良い状態にしたらしいです。二週間前にも同じ所で寝ていましたが、このアングルは左から見たところです。

e0108198_1082139.jpg今日は復活祭、イースターです。ここ数年、イースターが近づくと、オークモスという苔や月桂樹の葉、ドライフラワーで出来たコマドリの巣の飾りを出します。中央のくぼみにあるコマドリの卵のようなチョコレートと共に、今年も取り寄せました。


e0108198_112451.jpg普段はあまりチョコレートに興味を示さない夫も、この卵だけは食べます。このチョコレートにはホワイトチョコレートの層もあって、表面の硬い部分、中央のチョコレートと数段階に楽しめます。最初は色にちょっと抵抗はありましたが、気にならない程の美味しさです。
[PR]
by la-kat | 2007-04-08 16:50 | 年中行事 | Comments(0)
復活祭のうさぎチョコレート
夏時間になり、まだ明るい夕食の後、私の目を盗んで、居間のソファーでくつろぐケリー。可愛いから許してしまいました。散歩から帰って脚を洗った後にソファーに乗ろうとする時には、はっきりNo!と言いますが、夫が置きっ放しにしたトレーナーの上に寝ているので、まあいいかと見逃しました。
e0108198_801372.jpg

e0108198_7594350.jpgあと二週間で復活祭、イースターです。夫が先日の出張の時、空港の See's CANDIES の店頭で目にし、うさぎ好きの私に買ってきてくれたミルクチョコレートです。このうさぎ、正面から見ると怖い顔をしています。どうやって食べようか考え中です。シーズキャンディーズ See's CANDIES は一時期、アメリカ土産の定番でしたが、今では日本でも買えるそうです。決して気取らず、大衆的なお店なのに、日本では表参道、銀座、元町に出店しているそうで、ちょっとイメージが違います。

[PR]
by la-kat | 2007-03-25 18:44 | 年中行事 | Comments(0)
ガールスカウト・クッキー
e0108198_758404.jpg最近のケリーはボール遊びの途中なのに、ここに座り、リスや最近姿を現しはじめたトカゲの様子を見ています。いつも同じ様な写真ばかりになってしまうので、カメラ目線が欲しいところです。「ケリたーん」と声をかけても無視されました。トカゲの動向から目が離せないようです。

e0108198_7591646.jpgなので、「クッキー食べる?」と聞いてみました。日本語も理解するアメリカン・コッカーの反応は速いです。嘘つきにはなりたくないので、家に入り、ドッグ・ビスケットをあげました。私は、先週末に届いた、ガールスカウト・クッキーでお茶にします。

e0108198_6205934.jpg毎年この時期になると、ガールスカウトの子たちが、活動資金調達のためにクッキーを売りに来ます。歳末たすけあい募金みたいなものです。先月、夫が家にいた日曜日に、近所の女の子達が注文を取りに来たので、二人でそれぞれ好みのものを選びました。
e0108198_621166.jpg半分忘れかけていましたが、先週の日曜日、クッキー三箱が届けられました。砂糖無しのチョコレートで作られた Little Brownies は後味に違和感があったものの、ショートブレッドの Trefoils は甘すぎず、さくさくして食べ過ぎてしまいそうです。人気のある Samoas はココナッツとチョコレートを同時に楽しめます。ただし、 Samoas は一個約15グラムで、75キロカロリーなので、朝、散歩の前に食べることにしました。期待していた以上のおいしさです。

[PR]
by la-kat | 2007-03-16 15:31 | 年中行事 | Comments(0)
Cocoa Bon のチョコレート
e0108198_814352.jpg毛を短くカットされ、と言うか、剃られてしまったケリーは、なんとなくビーグルに似ています。リスをじっと見ている様子に、この子は猟犬なんだということを改めて思い知らされます。

今朝、散歩の途中でロージーの家に招かれたのですが、ケリーはキャロット君という、茶とらのオス猫に大変興味を示していました。大人しく椅子に座っているキャロットの正面に座り、腰は引けているのに、鼻先を近づけていました。私の知る限り、ケリーが猫にここまで近寄ったのは初めてです。キャロットは何時でも猫パンチを繰り出せる体勢でいたのでハラハラしましたが、事なきを得ました。

突然ですが、ホリデーシーズンから、ずっとチョコレートにハマっています。毎日食べています。今、一番気に入っているのは、年末に泊まったホテルのミニバーにあった Cocoa Bon のチョコレートです。水色とこげ茶のラベルが貼られたステンレスのパッケージという、モダン・コンテンポラリーなデザインに、つい手が伸びて、食べてしまいました。よく見たら、カリフォルニアのロスガトスの会社の製品でした。ロスガトスと言えば、シリコンバレーの端にあり、私達の結婚式に来てくれた「大きい」夫婦が以前住んでいたので、よく行ってました。今ではすっかりおしゃれな街になっているようです。
e0108198_8423539.jpg
ミニバーにあったのは、筒状になっている Tahitian Vanilla Caramel で、右の三つは奥から、 Dark Chocolate Gingersnap 、 Almond
Chocolate Toffee 、 Chai Chocolate Caramel で、ベージュのはサンフランシスコのWホテル(W San Francisco)の部屋にも置いてありました。どれも美味しく、リピート買いするつもりですが、試したいフレーバーがまだたくさんあります。
[PR]
by la-kat | 2007-03-13 17:04 | | Comments(0)
おいしいシュークリーム
今週は記録破りの真夏日があったり、強風のためマリブで住宅火災があったり、ベッカムがギャラクシーに移籍決定とか、いろいろありました。金曜日の今日は最高気温12℃最低気温1℃の寒さで、タイツ履いてダウンジャケット着て、ケリーとテニスボールで遊びました。早くボールを投げるよう、私に催促するケリー。
e0108198_75833100.jpg
年末、夫いわく、肉ジャガが似合いそうな器を買ってきました。早速作ろうと、日系スーパーに薄切り肉を買いに行ったところ、スーパーの近くで、見覚えのあるおじいさんを発見。おじいさんと言ってもイラストなんだけど、なんとそこは、先週日本で食べたビアード・パパのシュークリームのお店でした(beard papa's fresh'n natural cream puffs)。昨年、ハリウッドに進出したとの話を聞いていましたが、チャイニーズシアターの近くまで買いに行くのは面倒だな、と思っていました。こんな近くにもあったとは。

e0108198_1185684.jpg味はどうなのかと、先週食べたばかりなので味を覚えているうちにと言い訳をして、買ってみることにしました。皮は一種類で、この日のクリームは4種類(バニラ、チョコレート、抹茶、苺)。基本中の基本、バニラを買ってみました。おいしい。甘さも日本のものと変わりません。甘い物好きが多い南部ではどうかと思うけど、アメリカ人も喜びそうなボリュームです。お値段一個$1.50(税込)と気軽に買えてしまうし、しばらくハマリそうです。
[PR]
by LA-kat | 2007-01-12 18:30 | | Comments(0)