タグ:犬 ( 158 ) タグの人気記事
帰ってきたココ
いぬ昨夜はココが居ないだけなのに、家がいつもと違うような気がしたのは私だけではありませんでした。帰宅した夫をいつも二匹で出迎えるのに、昨夜はケリーだけで、夫も家の中ががらんとしたような気がする、と言ってました。

e0108198_758618.jpg昨日の朝、ケリーを置いて出勤した夫は、ケリーの様子が気になっていたそうです。自分だけ置いていかれて、ご飯に見向きもしないほどケリーは "upset" だったと言うので、私はケリーがうろたえていたという意味だと思っていたら、そのような意味ではなく、ケリーは私に対して怒っていたとのことでした。かなりムカついていたそうです。今朝、動物病院に向った時、ケリーはいつもの留守番と分かっている様子で普通にしていました。ココだけ連れて行かれたことに立腹したのでしょう。

さてココですが、スタッフのお兄さんに連れられ、驚いたことに小走りしてきました。もっとぐったりしているかと思いきや、私を見つけると膝に飛びついてくるし、帰りは車まで抱いて連れて行くつもりでいたので、思わずどうしてこんなに元気なのか聞いてしまった程です。家に着いても自分で柵を通り抜けて庭に行き、お手洗いを済ませたら、後ろ足でアゴのあたりを掻き、すっくと立ち上がりギャロップするなど、いつもと変わらぬ様子です。

改めてリードを付けて家に入り、ケリーと対面させました。ケリーは知っている匂いがしたのか、ココのお腹あたりをクンクンと嗅ぎまわっていました。ココはされるがままでしたが、すぐにケリーに飛びついて遊ぼうとしたので、私は慌ててココをサークルの中に入れました。
e0108198_80523.jpg

e0108198_834570.jpg思った以上に元気なのは嬉しいことですが、薬がよく効いているのか、もともと子犬だからなのか、本当にお腹を切られたのか確認した程、動きが活発すぎです。安静にしていなくてはならないのにリードを齧って私と綱引きをしたり、サークルに入っても元気にナイラボーンを齧っています。ケリーはナイラボーンを取り返したいのか、しばらくサークルの側から離れませんでした。なんだかんだ言っても、ココが気になっている様子です。
e0108198_803723.jpg

[PR]
by la-kat | 2008-01-18 15:12 | コッカーの持ち物 | Comments(4)
シットコムのような日常
e0108198_457322.jpg
金曜日から雨が続いていましたが、今日はカラッと晴れました。犬達も大喜びで、ケリーもご機嫌です。ココは時々ご乱心の滑走をしています。
e0108198_4521688.jpg

二匹並ぶと、ココが大きくなってきたのがわかります。今朝は二匹で三種類のボールを取り合って遊んでいました。

e0108198_5115491.jpg昨日の昼はNFL(米プロフットボール)のプレーオフがあり、どうしてもライブで見たかったので、居間のテレビの前でサンドイッチの昼食をとることにしました(っていつものことですが)。うちのコーヒーテーブルは通常のアメリカサイズよりも低めに作ってあるので、床にクッションを置いてちゃぶ台のように使うことができます。食事の途中で席を立ち、戻ってくるとケリーが私の席に座っていました。仕方がないので、さらに隣に別のクッションを置き、ケリーに移ってもらおうとすると、どこからともなく現れたココがそのクッションに飛び乗ってしまい、私の居場所はなくなりました。呆然としている私に夫は「まるでシットコム(シチュエーションコメディ)みたいだ。」と言って笑っていました。ダーマ&グレッグにありそうな話です。

e0108198_4531853.jpg夫は私がケリーに別のクッションに座るよう説明しても、犬とコミュニケーションできるわけがない、と思って見ていたので、ココがちゃんと理解していたのが面白かったそうです。ココは意外と(犬としては)賢いらしく、もしかしたらケリーでは無理だった、いろいろな技の数々を習得してくれるかもしれません。本格的に訓練してみようかと考え中です。
[PR]
by la-kat | 2008-01-07 14:54 | 日常生活 | Comments(2)
フォトジェニックな二匹
今年も無事に帰ってきました。まだ時差ぼけでぼーっとしています。

成田のがらんとしたレストランで遅いパスタとピザの昼食をとっていたら、芸能人オーラを出したご一行が入ってきて、私達の二つ隣のテーブルにつきました。大きなサングラスをかけた金髪でオサレなスカーフを巻いた人は誰かしら?と思っていたところ、携帯電話を覗き込みながらサングラスをずらしたその姿は、すっぴんの研ナオコさんでした。その素顔は巷で言われるような破壊力はなく、むしろキチンと手入れされた真紅の長い爪がキレイで見とれてしまったほどです。夫は以前テレビで彼女を見て unforgettable  face と表現したことがありましたが、彼も研さんを見て只者ではないと思っていたそうです。

e0108198_12582423.jpge0108198_12575015.jpg














今回の成田からロサンゼルスのフライトは、予定時間よりも一時間短い8時間21分との女性機長によるアナウンスが離陸直後にあったので、機内で見られる映画は2本と思い、どれを見るか真剣に検討しました。行きの機内では予想以上に面白かった「トランスフォーマー」と、ネズミシェフのアニメ「レミーのおいしいレストラン」を見ることができて退屈しなかったのですが、今回は見事に私の興味のない物ばかりでした。そこでもう一度レミーを見ることにしました。レミーはしぐさや表情が可愛くて夢中になりましたが、ネズミが三匹以上登場するシーンはわざとそうしているのか、現実に引き戻される描写で、うぎゃあとなります。

e0108198_12584017.jpgLAXに到着し、いよいよ犬達との再会です。ペットホテルで、お揃いのバンダナを着けてもらったケリーとココは私達に飛びついてきて、ロビーではしばらく大騒ぎでした。ケリーは毛が伸びてふわふわになり、ココは少し大きくなったようです。ペットホテルから毎年恒例の新年のプレゼントを貰いました。今年は骨形のぬいぐるみのおもちゃと犬の写真が入ったフレーム二つずつです。よく見たら、入っているセピア風の写真はうちの犬達のものでした。飼い主バカですが、とても可愛く撮れていると思います。さすがプロのカメラマンは違います。
e0108198_12565973.jpg

[PR]
by la-kat | 2008-01-03 21:45 | コッカーの持ち物 | Comments(2)
やっと飾れたクリスマス・ツリー
クリスマス直前の日曜日、ココをグルーミングしてもらっている間に、近場でこじんまりとしたショッピング・モール、ウエストサイド・パビリオンに行ってきました。ここはティーン・コメディ映画「クルーレス(1995)」のロケ地でもありますが、ここ数年ぱっとせず閑古鳥が鳴いていました。最近リニューアル・オープンしたせいか、人が戻ってきたようです。それでもホリデー・シーズンの割にはたいした混雑もなく、のんびり買い物できました。
e0108198_15542282.jpg
年末恒例の修羅場に突入しました。日本へ出発する前に、やるべきことをすべて終わらせる必要があります。クリスマス・ディナーもあるし、納税もあるし、荷造りだってしなければなりません。毎年、この時期は夫と二人で表計算ソフトの前でにらみ合っています。犬達もオフィスに陣取って、私達の様子を観察しています。
e0108198_15545576.jpg
それでもやはりクリスマス・ツリーを飾りたかったので、今年はボールのオーナメントだけをつけてシンプルにしました。最初からカラフルな電飾がついているのに加えて、色とりどりの、艶あり、艶なし、ラメ付きなど、質感の異なるボールで賑やかになっています。このドイツ製のオーナメントはMoMA(ニューヨーク近代美術館)のオンライン・ショップで毎年少しずつ購入しているものです。 

e0108198_15551688.jpge0108198_1555734.jpg







本来ならば、ツリーの下にラッピングしたプレゼントを並べるのですが、今年は子犬がいるので無理です。ココは早速、最初に置いたプレゼントのリボンをほどいてしまいました。去年、一昨年とまったくツリーに興味を示さなかったケリーまで、ツリーの下に頭を突っ込んでいます。とりあえず床に布があれば、その上に座りたがる二匹です。
[PR]
by la-kat | 2007-12-23 23:34 | 年中行事 | Comments(2)
リック・スプリングフィールドのクリスマスCD
e0108198_855043.jpgケリーの目が据わっています。まつげを切られてしまって、まだガッカリしてます。グルーマーさんに「最近はココばかり世間の皆様から可愛がられるので、ケリーも可愛くして。」と、お願いしたのに、全然違うじゃないの!という出来映えです。早く伸びてちょうだいと毎日撫でています。すこし痩せたように見えますが、先日の健康診断で体重は30ポンド(約13.6㎏)ありました。あと1㎏の減量が必要です。ちなみにココはちょうど半分の15ポンド(約6.8㎏)でした。


e0108198_902032.jpg

e0108198_903537.jpg今年は完全に出遅れていたクリスマス・カードの海外向け発送を、昨日やっと終えました。一週間で日本に届くかどうか微妙です。まだ米国内向けのカードが残っています。ツリーの飾りつけも終わっていません。あせるばかりです。ケージからコッソリ出てきたココが、ツリーの下に一つだけ置いておいたプレゼントのリボンをほどいてました。今朝はケリーも一緒になって、ツリーの下のスカートと呼ばれるカバーの上で何かを探しているようでした。

気分が乗らないのでクリスマス・ソングを iPod で聴きながらオーナメントを飾り始めました。先月発売されたリック・スプリングフィールドのクリスマス・アルバムも入ってます。e0108198_983425.jpgリックは80年代に売れた人ですが「あの人は今」系の番組で取り上げられることもなく、懐メロ歌手としての地位を確立し、昨年は出世作ソープオペラ(昼メロドラマ)ジェネラル・ホスピタルにも復帰しました。この人は本当はミュージシャンなのにルックスの良さから最初はアイドルとして売り出されたもののすぐに失速し、私が存在を知ったのは80年代に入って再ブレイクした頃です。当時の私は「25歳以上の男性はオジサン」「白人は老けている」と勝手に思い込んでいたとんでもない子供だったので、30を過ぎていてもカッコイイこの人は驚異の存在でした。街でレコード店を見つけては友達を引きずり込み、リックのアルバム・ジャケットを見せて、「この人いくつに見える?」と聞いてはリアクションを楽しんでいました。e0108198_9122375.jpg実は私は彼の声が好きでこの人が歌う曲ならなんでも良い!とまで思ってます。このクリスマス・ソングを集めたCDも試聴するまでもなく入手しました。ギターとピアノのシンプルなサウンドで、歌い上げているわけではなく、弾き語りといった感じの聖歌が中心のアルバムです。パーティー向きではないですが、のんびり聞くのに丁度良いです。アルバムにはなっていませんが、去年 OK Go がテレビ出演して演奏したアコースティックの Have Yourself A Merry Little Christ-mas も、とても良かったです。これを聞くと、今の時期、ゆったりした気持ちになれます。
[PR]
by la-kat | 2007-12-19 16:50 | 年中行事 | Comments(2)
ヴァンテーヌ 最終号
今日でペンキ塗りの作業もほぼ終わりです。
e0108198_100066.jpg

e0108198_100214.jpgペンキ塗りのきっかけとなったベビーブルーのローズゲートも落ち着いた色合いに変身しました。私はこのブルーが浮きまくりと感じ、今まで居心地の悪い思いをしてきました。なぜこの薔薇門がブルーなのか不思議だったのですが、窓枠に合わせてブルーなのだと説明を受け、それならばドア枠、窓枠ごと色を変えてしまおうと決め、先月半ばから作業が始まりました。刷毛で何回もコーティングして出された木目調の窓枠は、屋根瓦にも雨どいにもマッチしています。外出できない日が続いて私や犬たちのストレスになりましたが、満足な出来上がりだと思います。
e0108198_1041530.jpg

e0108198_1055665.jpgいつもリスを目で追っているケリーが珍しく猫背で下のほうを覗き込んでいました。側によってみると、スズメぐらいの小さな鳥がいました。黄緑色にグレーのシックでオシャレな鳥です。このカラーコーディネートはお手本になりそうです。

e0108198_10254124.jpgカラーコーディネートといえば、今週、一番のショックだった出来事は、雑誌ヴァンテーヌの休刊です。日本から一ヶ月遅れで届いた最終号は広告の少なさからか薄っぺらでした。事実上の廃刊のようですが、これから何を読んだらいいのかわかりません。「『買わない』でおしゃれになる」「三年後もオシャレな服」「定番アイテムに合わせる旬の小物」などのヴァンテーヌ・スタイルは二十代を過ぎても通用するコンセプトでしたが、ファッション業界から見れば、毎シーズン新しい洋服をたくさん買ってもらいたいわけで、この雑誌に広告を出さなくなるのもわかりました。この五年ほど、編集者が変わったのか、以前のミラノ・テイストよりも親会社のあるパリを特集する記事が多くなったり、e0108198_1075238.jpg明らかに内輪ウケしているブームやヴァンテーヌらしくないモデルをプッシュしたりと、迷走している様子でした。定期購読していたので毎号手元にありましたが、最近はじっくり読むこともなくなっていました。それでもバックナンバーは捨てられず、十年分はとってあります。

e0108198_108793.jpg一番勢いがあったころの表紙に、現在ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして活躍しているアレッサンドラがいました。私の好みの顔立ちの彼女が初めてVSのカタログに登場した時、すぐにヴァンテーヌのあの表紙の子だと気が付きました。最初のうちは洋服やパジャマ専門でしたが、そのうち肉体改造し、VSの顔になっていました。15歳でヴァンテーヌの表紙を飾った子が、VSの看板モデルになったとは感慨深いものがあります。

関連記事:インドア・サイクル SoulCycle を試してみました

     乾燥対策にオイルいろいろ


[PR]
by la-kat | 2007-12-14 17:20 | | Comments(2)
クリスマスツリー待ちのオーナメント
今朝もすっきりとしたいいお天気でしたが、さすがに寒いです。
e0108198_11454323.jpg
ケリーは階段を登ったきり、なかなか降りてこないので、ココを差し向けました。一人で居たいケリーはココに邪魔をされ、すかさず降りてきました。

e0108198_1146555.jpg今日もボール持ってきて、私に投げるよう促します。まだ庭の作業の人たちが到着する前だったので、しばらくボール遊びをしました。のんびり遊んでいる場合ではないのですが、長距離の散歩に行ってないせいか、最近のケリーは不機嫌です。12月となればみんな忙しいのに、犬達はわかってくれません。今週は年末になる前に会っておかなくてはならない人たちと出かけたり、クリスマスショッピングをしたりとバタバタしています。


e0108198_1232518.jpgココは相変わらずマイペースです。今週から庭に出る時には、トレーニング用の長い紐を付けています。「来い」のコマンドを特訓中ですが、まだ無理のようです。紐が長すぎてすぐに絡んでしまい、ココにかじられてしまってます。

e0108198_11405713.jpg本当はクリスマスツリーを先週末に出したかったのですが、時間がなくて、結局無理でした。でもオーナメントだけは先々週から用意しています。箱から出して眺めていたら、ちょうどTVの料理番組でオーナメントをガラスのボウルに入れて飾っているのを見たので、真似して蓋付きの入れ物に入れてキッチンに置いてみました。ミントのキャンディーも一緒に並べてあります。少しだけクリスマス気分になりました。今週末こそ、ツリーを出します。
[PR]
by la-kat | 2007-12-13 19:08 | 年中行事 | Comments(0)
ホリデーシーズンの切手
今朝はキッチンに閉じ込められて、ちょっと不機嫌のケリー。
e0108198_9565578.jpg

e0108198_9564339.jpg今、ケリーの居る場所に絨毯が必要と感じ、先週からサンプルを持ってきてもらい、現在検討中です。ケリーが吠える度に音が反響し、耳が痛くなります。ココは一緒になって吠えることがないのですが、ケリーは二匹分のうるささです。

ケリーの昼寝用のベッドにはココがいます。縄張り意識はあまりないのか、ココが使ってもケリーは怒りません。むしろココが入ってくると、それまで寝ていたケリーが出ていってしまうほどです。

e0108198_9572078.jpgココが水を飲みに行った隙に、ケリーが戻っていました。幸せそうな顔をして寝ています。

まだ宛名書きと切手貼りだけですが、ようやくクリスマスカード書きにとりかかりました。毎年楽しみなのが、ホリデーシーズン用の切手ですが、今年はニットの模様です(ほぼ実物大)。
e0108198_9573596.jpg

e0108198_9574759.jpg毎日カードが届きますが、この切手が貼られている物が多いです。聖母マリアのデザインもありますが(ホープさんは毎年こっち)、誰に送るにも使えるこのデザインが便利です。クリスマス・カードもメリー・クリスマスと書いてあるものと、ハッピー・ホリデーと書いてあるものなど、大体三種類ぐらい用意して、相手によって送るデザインを決めます。

e0108198_958012.jpgこの赤いソファが飛び出すトナカイのカードは重いので、アメリカ国内向けです。日本向けにはお部屋に飾るとクリスマスの雰囲気が出るような、華やかな物を選ぶようにしています。でもここ五年ぐらいは世界平和を祈るようなデザインの物が店頭に多く並ぶようになった気がします。
[PR]
by la-kat | 2007-12-10 17:40 | 年中行事 | Comments(2)
パネトーネ、食べちゃった
今日は天気予報では雨だったので、ペンキ塗りの作業をお休みしてもらいましたが、見事に晴れました。久しぶりに皆でのんびりしています。
e0108198_7581674.jpg

ケリーはお気に入りの外階段を登り、リスの観察をしていました。楽に階段の昇り降りができるようになったココはケリーについて上がっていきました。ココはリスには興味がないようで、落ちたシュロの木の皮をかじっています。
e0108198_7583428.jpg

ケリーが下に降りれば、ココも後に続きます。

e0108198_7591215.jpgこれから日本への帰国準備の一環として、体重を落とすという大きな課題があるにも関わらず、誘惑には勝てず、食べきれないのを承知で普通サイズのパネトーネを買っちゃいました。重量1キログラムで、高さもあります。ケーキスタンドに乗せ、蓋を置こうとしたら天井につかえてしまいました。昨夜、きっちり蓋をしたので、すこしてっぺんが凹んでいます。

e0108198_802070.jpgこのパネトーネには底の方に、甘さ控えめのつぶれたマロングラッセのような栗が入っています。危険なほど、おいしいです。軽めのパンなので、朝食にもお茶の時間にもぴったり、と書いてありました。中身も缶もイタリア製です。犬達はカラフルで大きな缶に興味深々で近づいてきましたが、鼻先で押したら動きだしたので(中身は空です)大騒ぎをし、特にココはビデオに撮ればよかったなと思うぐらい、いい動きを見せてくれました。中身にも大変興味を持っているようです。
[PR]
by la-kat | 2007-12-08 15:22 | | Comments(0)
クリスマスのお菓子 Peppermint Bark
朝、出勤前の飼い主の寵を競い合う二匹。私はいつも出遅れます。
e0108198_9173296.jpg

e0108198_8414010.jpg夫が靴を履いている隙に、すばやくサンダルに乗るココ。この犬は多くの犬同様、靴が大好きです。私のメレルのサンダルもココの牙にかかり、リタイア寸前です。こればっかりは子犬の目の前に置きっぱなしにしておいた私がいけないのですが、なぜかココは夫のサンダルには興味を示しません。もしかしたら、一度夫のサンダルをくわえた時に、ものすごく怒られて学習したのかもしれません。


e0108198_9175852.jpg
今日も、外に出る時は二匹をリードに繋げます。
e0108198_918192.jpg
ケリーはそろそろ限界のようで、イライラしているのがわかります。何でもかじりたいココがケリーのリードをくわえるので尚更のようです。

e0108198_8422444.jpgこのクリスマスのお菓子のパッケージのダルメシアンと思しき犬も、リボンをくわえて引っ張っています。ペパーミント・バークという、夫の一番好きなクリスマスのお菓子です。セミスイートチョコレートの上にホワイトチョコレートの層があり、その上に杖の形をしたペパーミントのキャンディー(キャンディーケーン)を砕いた物が乗せてあります。

e0108198_8423692.jpg美味しいチョコレートがあれば自分でも作れそうですが、犬の絵の缶が欲しくて、つい買ってしまいます。その形が木の皮のようなので bark という名前がついていますが、bark には「吠える」という意味もあるので、この缶の横についているイラストのワンちゃんは「どこを食べてもおいしいヨ!」と吠えています。
[PR]
by la-kat | 2007-12-05 16:31 | | Comments(6)