真夏の果物 ブドウとスイカ
e0108198_8272443.jpg夏です。やっと待ちに待った、真夏日となりました。お盆過ぎてるけど。今週に入ってから、日に日に気温が上昇し続けています。今年はあまりの寒さにスイカを食べたいと思ったことがなかったのですが、こんな暑い日にはスイカしかないとようやく思える気候となり、昨日買いに行ってきました。アメリカのスイカは巨大なラグビーボール風味で、自分一人では持って帰れませんが、最近、小さいサイズの物をよく見かけるようになったので、最初からこれ目当てでお店に行きました。

e0108198_8275781.jpge0108198_8282227.jpgスイカを探しに果物売り場に行ったものの、店員さんにシャンパン・グレープを勧められました。そういえば以前、友人がサラダに入れると美味しいと言っていたブドウだと気づき、勢いで買ってみました。早速、試してみましたが、日本の種無しブドウ(デラウェア)よりも皮が固めではあるものの、美味しく食べられました。一つの房で、こんなに付いていますが、粒の大きさがばらばらで、どこでどう繋がっているのか良く分かりません。例えが悪いのですが、なんだかスジコのようです。

e0108198_829674.jpg日本のスイカと比べても小さめの、私が片手で持てる大きさのものを発見しました。売り場のタグには、自動翻訳にかけると妙な訳をしてくれそうな Personal Watermelon と表示されていました。実際に試してみたら、「個人的なスイカ」 と訳されました。パーソナル・スイカのパーソナルは、パーソナルサイズの意味なのだと思います。いろいろ想いを巡らす内に、ということは独りで全部食べてもオッケー、という結論に達しましたが、実際には無理です。
e0108198_8294917.jpg

e0108198_8301997.jpg

ケリーがスイカに興味深々です。カウンターの上のスイカに向かって唸りはじめたので、仕方なく床に置いてみました。いまにも抱え込みそうな勢いで匂いを嗅いでます。

e0108198_8305745.jpg

人見知りをするココは、相手がスイカでも同じです。恐る恐る近づくのかと思ったら、遠巻きに見るだけで、側に寄ろうともしません。

e0108198_8314079.jpg重さを量ってみたら、約2.7㎏ありました。カボチャを切るように慎重に刃を入れましたが、思っていたよりも皮が薄く、簡単に切れました。簡単すぎて、完全に刃が通る前に、一部分が折れるように割れてしまいました。

e0108198_8321642.jpg大味ではないかとあまり期待していなかったのですが、思った以上に甘くて美味しいです。ケリーもココも口の周りをピンクに染めて嬉しそうに食べていました。今年初めてのスイカを十分堪能した後は、ひんやり涼しい石の床の上で昼寝を楽しんでいます。
e0108198_8324681.jpg



お知らせ:このブログ内に表示される広告は、私とは一切関係ありません。

[PR]
by LA-kat | 2010-08-19 16:40 |
<< 取り寄せたくなる美味しい御出汁 夏にぴったり、ひんやりするルー... >>