アメリカン・アイドル シーズン7
昨日までとは大違いでとても寒い朝です。今朝の霧は濃く、外は夜露でぬれていました。
e0108198_83163.jpg

e0108198_852293.jpgケリーはそこら中を嗅ぎ回っただけで、両耳の先端がびしょびしょです。耳カバー(スヌード)はご飯の時だけ着けていますが、このような時も使ったほうがいいみたいです。ココは、また通り抜けの術で柵の向こう側に行ってしまいました。脚が伸びて腰の位置が高くなったのがよくわかりますが、まだまだ体が細いです。夫がチーズを用いて教えた「来い」のコマンドで必ず戻ってくるので安心ですが、もう少し大きくなってほしいです。ちゃんと戻ってきたら、私としてはかなりテンションを高くして、思いっきり褒めます。ケリーは褒めてもらって当然、といった気位の高いリアクションが少ない子犬でしたが、ココはいい反応を見せてくれます。

e0108198_8155896.jpg昨夜から私の大好きなアメリカン・アイドルの放送が始まりました。11月から続く全米脚本家協会のストライキの影響でドラマの撮影が中断され、放送する番組が足りないのか、例年より二週間早い放送開始です(毎年同時期に開始されるドラマ「24」もシーズン7はなさそうです)。昨夜は地方予選の様子が見られましたが、昨年、多くの批判を受けたせいか、今シーズンの審査員の辛口コメントはトーンダウンされた編集になっています。

それでもやはり自分は歌の才能があると思い込んでいる勘違い系の人たちが多く、彼らの殆どは自分がなぜ通過できないのか理解できていない様子です。やはり音痴君でも親から「あなたの歌はすばらしいわ。才能があるのよ。」と思いっきり褒められて育ったからなのでしょうか。e0108198_8161534.jpg日本人がやってしまう注意すべき行為、と地元の日本語情報誌に書いてありましたが、子供に向って正直に歌が下手でどうしようもない、などと言うと、いわゆる精神的虐待と見なされてしまうことがあるそうです。褒めて伸ばすというのも理解できるし、前向きでいいと思うけど、アメリカン・アイドルを見ていて感じたのは、思い込みの激しい子だとオーディションを受けて落とされた時のショックが強すぎて、かわいそうです。そういう編集にしているのかもしれないけど、今年もまんまとハマっています。
[PR]
by la-kat | 2008-01-16 15:28 | テレビ・映画
<< ココ、試練の日 Tea forte の二人用お... >>